2016年 12月 21日

「ブログで管理栄養士として記事を書くAさんの場合」

カテゴリー 教えるを、教える

 

管理栄養士さん向けオーダーメイド教材!

リニューアルした、「教えるを教える」3,000円(税込)

活用例を紹介させていただきます!

https://eiyousi.shop-pro.jp/?pid=110188878

教えるを教える295px.png

 

例1.ブログで管理栄養士として記事を書くAさんの場合

●Aさんのお悩み

ブログの記事を書いたから、伝わりやすい文章なのか、アドバイスが欲しい。

今までに無い惹きつける内容にしたい。



●30分無料Skype相談

ファンスタディは、ブログ記事の対象者を明確にし、ブログの内容に対して読者の年齢層性別から、読みたいと思う内容へのアドバイスをした。

また、アクセス解析の具体的な取り入れ方を伝えた。



●開催へ向けて各自で準備

Aさんは、ブログの記事を修正し、ブログのアクセス解析機能を取り入れた。



●完成した「教える」について、面談1時間&評価指標の作成

完成したブログの再チェック。再度ブログの制作者の想いが伝わる、お役立ていただけるブログに内容を整えた。

ファンスタディも協力する上でブログの広め方などの計画を立てた。

参加型のブログとし、読者からの声をもらう計画にしてみる。

1か月後のブログのアクセス数を評価指標とする。



●フィードバック(メール)

アクセス数が伸び、コメントが入るようになってきた。コメントに返信をすることでファンを創ることになった。

また、読者からの声をブログに載せる、読者からの声に返信をするなどして、より参加型になるように進めることにした。

 

ブログ記事を書くというところに気を取られがちになると思いますが

大切なのは、読む人がどんな人かを知る「アセスメント!

やってみた後の、「フィードバック!

 

教えるを教えるは、そこに着目したサービスなのです♪

今自分が持っている知識が上手く使えていない方にご活用いただきたいと思っています^^

明日は、例2.栄養指導を仕事とするBさんの場合です!

 

 

タグ: ,