2018年 7月 12日

【プレスリリース】医院での栄養食事指導を開始します!

ファンスタディの管理栄養士講座の運営を行う(一社)管理栄養士地位向上協会は、山口県長門市の桑原医院での栄養食事指導を開始します!

目的は、以下の通りです。
1.管理栄養士の働く場の開拓
2.管理栄養士をもっと身近に
3.現場体験から受験教材への還元
4.栄養指導技術を管理栄養士さんへ還元
5.新たな管理栄養士の仕事の創造

1.管理栄養士の働く場の開拓
管理栄養士が常時いない医院が栄養指導を導入しようとした時、医院が曜日や時間帯を限定して管理栄養士のパート募集を時給で募集することになります。
でも、たった数時間しか働けない職を選ぶ人は少ないから管理栄養士が来ない、医院では栄養指導をしていない。このような状況を目の当たりにしました。
ですが、例えば普段は他で働いて、土曜の午前のみ医院で栄養指導をするなど、空いた時間に栄養指導をしてみたい管理栄養士の方は多いと思います。
だったら管理栄養士側から医院に営業に行けば良い!ということで、この度、桑原医院にて、栄養指導を導入させていただくことになりました。
導入までの過程や、さらなる展開のノウハウを各地域に住む管理栄養士さんに伝えられれば、管理栄養士の働く場の開拓になります!

2.管理栄養士をもっと身近に
医院での栄養指導が広まれば、栄養指導を受ける方が増え、日常生活において管理栄養士との交流の場が増えます。
すると食事について考え実行する方が増えることにつながり、社会の健康への貢献につながります!
これは管理栄養士地位向上に直結すると思われます。

3.現場体験から受験教材への還元
実際の検査値や栄養指導の数値からの栄養指導の経験は、ファンスタディ教材をより分かりやすく充実したものにするために還元することができます。
現場からの問題が増えた今こそ、このような活動が教材の充実に必要だと感じました。

4.栄養指導技術を管理栄養士さんへ還元
栄養指導を行う上で必要な技術は、知識だけでなくコミュニケーション力も含めてのことです。
ファンスタディで合格された方の多くが、ファンスタディを続けて、管理栄養士としての学びを継続されています。
現場体験から培った栄養指導技術を管理栄養士さんに教えることができれば、管理栄養士に合格した後の学びがより充実すると思われます。
そして実際にやってみよう!となった時には、「1」で説明したように、開拓することもできるということです!

5.新たな管理栄養士の仕事の創造
現場での栄養指導を行うことで、栄養指導を受ける方のニーズをマーケティングする機会を得ることになります。
すると医療保険や介護保険の範囲に留まらずに、管理栄養士にできる仕事を創造するところにつながります。
それが何なのか!?これからの楽しみです^^

つまり今回の医院での栄養食事指導の導入は、社内に留まらず会員さまとともに広げていきたい事です。
また報告するのでお楽しみに^^