2018年 5月 18日

勉強法Q&A:自分専用問題は、解けるけど、自分は出来ているかどうか不安

先日Dots面談で、こんなご質問をいただきました!
「自分専用問題は、解けるけど、自分は出来ているかどうか不安」
確かに、ただ暗記すればいいところと、理解の箇所があり、答えは言えても理解できていないのであれば、国家試験で使える知識とは言えない。
ですが、それを自分で自分専用問題から確かめるのは、至難の業です。

 

例えばこの問題。
「ペントースリン酸回路で生成されるものは?」
答えは、
・リボース5リン酸
・NADPH
ですが、

 

・ペントースリン酸回路は、何の栄養素の回路なのか?
・ペントースリン酸回路とは、どの代謝経路の側路か?
・リボースとは、何者か?
・リボース5リン酸は、何の生成に使われるのか?
・NADPHは、何に使われるのか?
このような部分が付属の理解として必要なことで、
これが全体的につながっているか?
図が思い浮かぶのか?
3大栄養素とビタミンも含め全体象がみえているのか?
などが「理解をしているか確かめる」ということになります。
どうでしょうか、難しいですよね。

 

ちなみに、上記の答えは既に学んだ上での自分専用問題の暗記なはずです。
上記のリストも、答えを調べようと思えばテキストに書いてあります。
何が難しいのかというと、「上記のリストを自分で考える事」なのです。

 

「自分専用問題は、解けるけど、自分は出来ているかどうか不安」
そんな方は、ぜひファンスタディセミナーを利用していただくと良いです^^
http://eiyousi.net/seminarlist/
自分でやって効率の悪い事項は、お任せしちゃう。
大人になってからの勉強は、その判断が早い段階で、できるか?によって時間の使い方が変わってきて、勝敗を分けます。
セミナートップ2018.jpg

 

ちなみに、
・そもそもペントースリン酸回路って何?
・今全然勉強してないけど合格したいんだ~
という方は、それ以前の問題として、セミナーに参加して自分で進める勉強の負担を軽くして、加速してください^^
合否を分けるのは、直前の勉強だけではない。
理解して解く勉強は、早い時期からの「練習」が必要です!

 

セミナーに限らず、「進んでないから参加しない」も、よく聴く失敗の分かれ道の1つです・・・!
進んでから参加するのではない!進めるために参加するのだ!!