2018年 7月 11日

検査値項目一挙公開!

 

今週末の大阪セミナーもそうですが、その次の東京セミナーもあと5席しか残っていないので、慌てて募集をかけます^^♪
ファンスタディセミナー3【検査値・診断基準を読む】[東京 2018/7/21(土)]
https://eiyousi.shop-pro.jp/?pid=129902404
ファンスタディセミナー4【食事療法は食事摂取基準から】[東京 2018/7/22(日)]
https://eiyousi.shop-pro.jp/?pid=129902405
東京セミナーチラシ2018.jpg

 

さて、両者のセミナーとも新しくなったので、改めて紹介をしていきます!
まず、【検査値・診断基準を読む】ですが、このあたりの数字が苦手な方とのこんな会話が多いことが気になっていました。

受験生「クレアチニン身長係数(%)の式が覚えられません」
私「クレアチニンが何者か、知っていますか?」
受験生「・・・分からないです」

 

なぜそうなるのか?
日常生活に鍵があるかも!と思い、「検査値」と画像検索すると、
出てきた表の多くがクレアチニン身長係数(%)のような項目と、正常値と、上がった時・下がった時の病名しか載ってませんでした。
それだと、クレアチニン身長係数(%)が何かは分からないけど、どんな病気の時に使うのかを丸覚えという流れになっちゃいますよね。

 

そこで、ファンスタセミナ―では、以下の項目において、徹底的に何者なのかを学び、理解することで検査値好きになってもらいます!
覚悟しておいてください~^^!※あくまでも楽しみますよ~♪

BMI (Body Mass Index)
ウエスト・ヒップ比(W/H比)
ウエスト周囲長(腹囲)
上腕筋面積(AMA)
下腿周囲長(CC)
クレアチニン身長係数(CHI)(%)
体脂肪量・体脂肪率
肥満度(標準体重比)
最高(収縮期)血圧
最低(拡張期)血圧
赤血球数(RBC)
白血球数(WBC)
血色素量(Hb:ヘモグロビン)
ヘマトクリット(Ht)
血小板数(PLT)
総リンパ球数(TLC)
総たんぱく(TP)
血清アルブミン(Ab)
トランスフェリン(Tf)
トランスサイレチン(プレアルブミン(PA))
レチノール結合たんぱく質(RBP)
トリグリセリド(TG)
(中性脂肪)
HDL-コレステロール
LDL-コレステロール
総コレステロール
空腹時血糖
ヘモグロビンA1c(HbA1c)
Cペプチド(CPR)
フルクトサミン(FRA)
糖化アルブミン
(グリコアルブミン(GA))
1,5-アンヒドログルシトール(1,5-AG)
尿素窒素(BUN)
クレアチニン(Cr)
尿酸(UA)
アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)
アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)
γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)
乳酸脱水素酵素(LD/LDH)
コリンエステラーゼ(ChE)
ビリルビン(Bil)
アンモニア(NH3)
プロトロンビン時間(PT)
血清アミラーゼ(AMY)
血清リパーゼ(LIP)
フェリチン
クロール
ナトリウム
セルロプラスミン
カリウム
血漿浸透圧
重炭酸イオン(HCO3-)濃度
pH(水素イオン濃度指数)
酸素飽和度
C反応性たんぱく(CRP)
尿糖
尿たんぱく
尿中3-メチルヒスチジン(3-MH)
尿ケトン体
尿中尿素窒素
尿中クレアチニン
尿中ナトリウム
Cペプチド(CPR)
クレアチニンクリアランス(Ccr)