2017年 5月 28日

管理栄養士という資格をどう生かすか?~太田さんの場合~

ファンスタディには、第31回試験で管理栄養士に合格したにも関わらず、毎朝コミュニティの「早起きトピ」で、受験生のためにイラスト入りでエールを送ってくださる方がいらっしゃいます。
その方は、茨城県の太田医院の、太田さんです。


太田さんは、開業後すぐに栄養士になりたいと思われたそうです。
しかしお子さん5人の子育てが優先となり、専門学校を卒業されたのは60歳。
そして63歳で初受験!見事1発合格を果たされたのです!

毎月医院で出されている、会報「わたげの会」をファンスタディ事務局に郵送してくださっています。
その会報を紹介させていただきます。






本当に素敵なイラストと心のこもった文章で、惚れ惚れとしてしまいます。

 

合格した後も、たくさんの名言をいただいています。
「合格してもしてなくても今の実力では、自分に自信が持てないから勉強をしないといけないと思っています。」
「栄養の重要性を話せるために、信用していただくために、まずはBMI22を目指します。
これが私の第一目標です。
次は トイック600点越え
アメリカの栄養情報を自分で読み込みたい
これが第二目標です。
わかりやすい文章 ホッとするスケッチで栄養レポートを作成すること
これが第三目標です。」

 

また、受験生の時もこんなことを教えてくださったことがあります。
「私は 3歳からピアノをはじめ音楽中学校 高校音楽大学とやってきました。楽器の練習は平日で4時間から5時間 休日は半分以上は楽器の前ですごしていました。あの時のことを思えば、年齢はいっていますが、やれると自分を信じています。」

 

ハッと気づかせて下さる太田さんの言葉、
ホッとさせてくださる太田さんのイラスト。
毎日眺めています。
太田さんのお気持ちを大事にしながら、私自身、人の役に立つことの喜びを日々感じていきたいと改めて思わせていただいています。