2017年 9月 22日

骨吸収、骨形成、再吸収、パラトルモン、カルシトニン、血中カルシウム濃度・・・

カテゴリー Dotsコース

Dotsコースの面談後の、面談レポートを紹介させていただきます!

 

これまで合格された方は、この面談レポートをかなり大事にされていました。
面談レポートでは、他の方の躓いた部分が分かります。
「質問をする」「分からないことを聞く」これは、結構レベルの高い話です。
「それ、自分も分かっていなかった!」と気付けることは、大きな価値です。

 

例えば先日の面談では、
骨吸収、骨形成、再吸収、パラトルモン、カルシトニン、血中カルシウム濃度について整理をしました。

 


marcyさんの面談レポートより

・骨吸収
骨からカルシウムを取って、血液中に持ってくること
・骨形成
血液中のカルシウムを骨にくっつけること
がポイントでした。

単に骨が壊れる・作られるという理解だけでなく、そこにカルシウムという名前を入れてあげることで、よりはっきりとした理解になります。
これによって、
骨目線で見ればカルシウムを与えてくれるのがカルシトニン。
血液中目線で見れば、カルシウムを与えてくれるのがパラトルモンと、どちらで聞かれても対応できるようになります^ ^

また、「再吸収」といえば腎臓での話。骨の話である骨吸収とは分けて考える方がスムーズです。


 

長井の面談レポートによるイラストは、こちら↓
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=4563712&id=80998746&comment_count=498

 

また、面談レポートには、その方専用の復習問題を作成しています。
単なる○×問題ではなく、その方の抜けていた「間違える原因」を加味した問題です。
これも、皆さんチャレンジしてみてください^^
●問題例●
・疫学研究は、何のためにありますか?
・相対危険とは、一体何でしょう?添付の図をもとに、穀類、果実類、野菜類という言葉を用いて答えよ。
・添付の図で示している95%信頼区間って何ですか?小学生に説明をする気持ちで答えよ。