2016年8月

2016年 8月 31日

「疫学研究が苦手でも得意に!」

カテゴリー Dotsコース

 

Dotsコースへのお申込みは、9月11日まで!

ということで、面談レポートを取り上げ、

メルマガを読むことで、勉強をしていただきたいと思います♪

*第30回・31回受験メンバー!Dotsコース面談レポートは、こちら

http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=4563712&id=78048662&comment_count=443

S__4358169.jpg

●第30回国家試験通学コースで合格した、きよぴさんの面談レポートより

(長井のレポートより)

苦手だとおっしゃる疫学研究について、短い時間でかなり濃くお伝えすることができました! 

私としても大満足な面談でした^^ 

●まず、疫学研究とは何なのか? 

「私、肺がんとたばこが関係あると思うんです!!」といくら力説しても、信頼性が無い。それを証明するための研究が疫学研究です。 

疫学研究にも、いろんな種類があって、テキストの表の右端に行くほど、疫学研究結果の信頼性が高くなる。 

疫学研究で得られた「肺がんとたばこは関係ある!」という証明は、オッズ比や相対危険、寄与危険によって数字で表現される。 

●これは、何という疫学研究? 

テキストの自慢の図を使いながら、疫学研究の例を紹介。きよぴさんの「わかった!」を、いただきました! 


私「オッズ比とは何か。肺がんとたばこの関係を調べる症例対照研究の場合で教えてください。」 

きよぴさん「え、私が先生に教えるのですか?」 


という、面白いやり取りがなんどもありつつ^^(笑) 

楽しかったです!! 

 

(marcyさんのレポートより)

テキストは順調ですが、暗記も油断せずに進めましょう^ ^ 

まず残っている分を消化し、そしてテキストを最後まで終わらせてください。 

疫学研究は、登場する研究名や指標は頭に入っていると思います。 

しかし、それらが何者か?がはっきりしていないと、問題は解けません。 

今日の面談で、今まで混ざっていたコホート、症例対照、介入研究が整理されたと思います。 

復習するときはここに戻ることで、今持っている知識も活きます!

 

(きよぴさんのレポートより)

今日の面談は、本当に濃い時間で、 

式を暗記すればどうにかなるものと思ってた 

疫学の問題が、実はそうでは無くて 

しっかりと理解する事で解けるものだという事が分かりました!! 

分かった事が、とても嬉しくて 

先日、一緒に池袋勉強会をしたSATOさん、 

Dokinchanさんに凄く良かったと、メールしちゃいました(笑) 

そして、計算問題集を引っ張り出し復習しました。 

すぐに復習した事で、理解、整理が出来、定着したと思います。 

あぁ、勉強ってこういう事なんだと改めて体感しました。 

 

それと、途中で娘がスカイプに入って来て失礼しました!

「なんか楽しそうだから、入ってみたーー!」と。 

スカイプってよく分からなかったのですが、画面の向こうに長井先生とmarcy先生がいて、面談出来て凄いって思いました!!

そして、あっという間の30分でした。 

今は、とにかく自分専用問題を消化し、 

テキストも進めていきます。 

これからも勉強頑張ります!!

本当に、ありがとうございました。

 

↑特典の無料30分面談を活用してくださった、きよぴさん。

「楽しそうで入りたくなる勉強」、それがファンスタディ!

合格本当におめでとうございます^^!

http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=4563712&id=78048662&comment_count=443


 

2016年 8月 31日

「レプチンとレジスチン、エリスロポエチンとエストロゲン・・・」

カテゴリー Dotsコース

 

Dotsコースへのお申込みは、9月11日まで!

ということで、Dotsコースの面談レポートを取り上げ、

メルマガを読むことで、勉強をしていただきたいと思います♪

*第30回・31回受験メンバー!Dotsコース面談レポートは、こちら

http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=4563712&id=78048662&comment_count=443

1461517676_252.jpg

●第30回国家試験、Dotsコースで合格したふゆかりさんの面談レポートより

(長井のレポートより)

 

●似ている言葉だけど、違うホルモン 

レプチンとレジスチン 

プロラクチンとプロゲステロン 

エリスロポエチンとエストロゲン 


●似ているけど違う作用 

インクレチンの作用は、分泌促進。 

インスリンの効き目をよくするのでは、ない。 


●ペアを間違えそうになるもの 

レプチンとグレリンがセット。 

レジスチンとグレリンでは、ない。 


サラッとみるのではなく、丁寧に! 

特に似ている言葉は、根本が分かっていない上でサラッと覚えてしまうと、間違える元です。 

例えば、他の分野でも、尿酸と尿素など。 


ホルモンの場合、サラッと勉強してしまわないために大事なのが 

marcyさんがおっしゃっていたように、どこから分泌されるのかも一緒に覚える事です。 


それに適しているのが、「どこから分泌されるのか」の図と作用がセットになった、ホルモンマップ! 

ホルモンの事は、どこから分泌されるのかまで、セットで覚えること。ぜひご活用くださいね!

 

(marcyさんのレポートより)

ホルモンは常に分泌場所の表を思い浮かべることがポイントです。 

同じところから分泌されるものはセットで覚える。 

これは働きに関しても同じです。 

レプチンとグレリン、カルシトニンとパラトルモン、 

ガストリン・セクレチン・コレシストキニンなど、 

似た働き、逆の働きのものをセットで覚えることで、覚える量を減らし混乱を避けられます! 

このときも図をイメージして、 

あの辺りにあるホルモンがこういう働きをするんだなと関連付けることで、覚えたことをつなげていきましょう^ ^ 

 

(ふゆかりさんのレポートより)

今日も前回の続きでホルモンマスターを復習して頂きました!

どこから分泌されるのか?

前回した所をスラスラ答える事が出来ずもう一度一緒に戻ってもらった事で、理解出来ました!!

場所と働きをセットにして覚えていきます!!

レジスチンとレプチン

乳汁についてのホルモン

エストロゲン

プロラクチン

オキシトシン

違いをしっかり理解して、まとめて覚えていきます!!

テキスト6終了まであと少しなので、頑張ります!!

 

音が似ていて混乱していらっしゃる!そんな時は、掘り掘りと根本に戻り、決して間違えないように導きます!!

http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=4563712&id=78048662&comment_count=443

 

 

2016年 8月 31日

「青年海外協力隊で栄養士派遣♪」

カテゴリー メルマガでお勉強♪

 

今日のお勉強は、青年海外協力隊について♪

募集職種の中に、栄養士がある!!

http://newsreader.jica.go.jp/news/02_2016SP_JVJTSS2ndR_160812.pdf

↑募集職種が本当に多岐にわたっていて、

見ているだけでなんだかワクワクしてしまいました。

 

青年海外協力隊については、第29回159番で出題されています。

(2)    国際協力機構(JICA)は、海外への栄養士派遣プログラムを運営している。

×

正しくは、「国際協力機構(JICA)は、海外への栄養士派遣プログラムを運営している。」

この問題は、青年海外協力隊での栄養士派遣のことを指しています。

 

そもそも、国際協力機構(JICA)って何でしょう?

これを知るためには、国同士の助け合いを知ることが先です!

 

開発途上国に対して日本が持っている人的・物的・技術的資源を提供し、相手国民の生活の向上を図る「国際協力」のうち、経済的な協力を「経済協力」といいます。

経済協力は、政府開発援助(ODA)、その他の政府資金の流れ(OOF)、民間資金の流れ(PF)の3つに大別されます。

ODAのうち、開発途上国を直接支援する二国間援助においては、日本は、国際協力機構(JICA)を通じて行っています。

曖昧な方は、ぜひつなげて学ぼう5で学んでくださいね!!

(政府開発援助(ODA)については、第30回で出題され、さらに分かりやすく図を加えて加筆しています。)

(管理栄養士のみなさんは、ファンスタアンバサダーがお勧め!!)

http://eiyousi.net/special/

 

青年海外協力隊に興味がある!と言われるファンスタディ会員さん、

手が挙がりそうな気がします^^

青年海外協力隊については、こちら↓

http://www.jica.go.jp/volunteer/

 

 

Next »