2017年 8月 23日

AさんBさん比較例:受かる前にこそ知っておくべき事とは!?

?ファンスタディクイズ?
ふたりの女性がいます。
Aさんは管理栄養士に合格したものの、試験に合格するための詰め込み勉強をしてきたため、栄養指導においてうまくいかずに悩んでいます。
Bさんは管理栄養士に合格する過程で、「なぜそうなるのか」理解を大事に勉強をしてきたため、栄養指導にも役立っています。
二人とも、もともと解糖系、電子伝達系、糖新生などの国家試験における基盤の範囲から苦手だったのですが、何が違いをもたらしたのでしょうか?
それは、「勉強方法」にありました・・・

 

いよいよ今週末から、【ファンスタディ初!福岡での10種類セミナー】がスタートします!
http://eiyousi.net/seminarlist/
8/26(土)8/27(日)の
・代謝マップ体感セミナー
・代謝マップから学ぶ病気
このセミナーの対象科目は、以下の通りです。
・人体の構造と機能及び疾病の成り立ち
・基礎栄養学
・臨床栄養学
まさに管理栄養士の知識における【基盤】の学習です!

 

・たんぱく質、糖質、脂質の代謝がつながっていることをご存知ですか?
・解糖系、クエン酸回路、電子伝達系、β酸化、アミノ基転移反応などを切り離して学ぶと理解に乏しくなるのをご存知ですか?
・上記のような「代謝」の勉強が分からないから捨てれば、糖尿病などの代謝疾患も捨てることになることをご存知ですか?

 

ですが、こんなことは【一生ものの管理栄養士という資格】と考えれば小さな問題です。
もっと大きな問題。それは・・・

 

【合格しても管理栄養士という資格を生かせない】

 

ということです。これは大きな問題です。
「管理栄養士の資格を持っている」というだけだと「すごいね~」と言われるだけです。
今の仕事に、新たな仕事に、この資格を役立て、より豊かな人生につなげていくために資格を取るはずです。
【なぜ管理栄養士を取ろうと思ったのか?】考えてみると分かるはずです。

 

試験日までの残りの日数は、第32回試験を受けるすべての方に平等で与えられるものです。
冒頭のクイズのAさんとBさん。何がこの2人の差を生み出すのかというと、その【時間の使い方】です。試験日までの残りの日数は、第32回試験を受けるすべての方に平等で与えられるもの。それなら、管理栄養士に合格した後も困らないように、理解した上で学び、資格だけでなく知識も生かしたほうがいいと思いませんか?

 

【でも、そんなにのんびり勉強する時間はない!】
そう思うかもしれません。
ですが、理解しながら勉強をするということは、本当に時間がかかることなのでしょうか?

 

ファンスタディは、受験生にある「一生懸命たくさん覚える」視点とは違い、
「覚えること自体を減らす」視点を持っています。
これにより、理解しながら学ぶということは、近道になるのです!

 

・臨床栄養学は伸びて来たけど人体・基礎栄養学が伸びない=根本の解決になっていない理由とは!?
・知識という材料があるけれどつながっていないから点数が上がらない=勉強をしても点数が上がらない理由とは!?
・言い回しを変えられると間違ってしまう=実は理解が抜けていた!暗記量自体を減らす方法とは!?
・亢進、抑制、増加、低下・・・そこにひっかかってしまう理解不足の勉強とは!?
・東京と言われると日本地図の真ん中が思い浮かぶ。このように知識が入っていないとどうなるのか!?

 

理解して学ぶファンスタディの勉強方法。
・時間の使い方としても、トータルで短くで済む!
・管理栄養士に合格した後も困らない!
勉強はもちろんのこと、セミナーで勉強方法から丸ごと学びに来ませんか?

 

今週末の福岡セミナー、お待ちしています^^!
詳しくはこちら