2017年 9月 22日

9/24(日)21:00~ 無料体験セミナーご案内

カテゴリー: WEBスタディ,お知らせ

 

・覚えられない
・勉強が継続できない
・モチベーションが上がらない
→まずは、「現状把握できた!」というところに目を向けましょう!
そして意識すべきことは、「その次に進んでいるか?」ということです。

 

・覚えるための工夫をしているか
・勉強を継続させるための工夫をしているか
・モチベーションを上げるための工夫をしているか

 

では、その「工夫」の例として、1つ挙げてみましょう。
こちらは、肝臓の「門脈」について文章で説明をしたページです。
http://eiyousi.net/jinmo2017/

そしてこちらは、動画で説明をしたページです。
https://www.youtube.com/watch?v=OaMppF3LSO0&feature=youtu.be

皆さん、どちらが「頭に残るか」意識してみてください。

 

書いてあることを読むより、動画で観た方が頭に残るし理解できる。
だったらそれは「工夫の方法の1つが見つかった」ということです。

 

では、「動画は、長いと寝てしまう」という場合はどうでしょう?
直接セミナーで教わるという手段もあります。

 

お金がかかる?時間がかかる?
はい、何もすべての科目・分野をセミナーで学ばなくても、分かりにくいところだけでも、1回でもという柔軟性が大事になってきます。
そしてそのセミナーで得るものは知識だけでなく、勉強方法、モチベーションと多くあることも意識した上での活用がポイントです。

 

さて、ファンスタディの場合、今夜は、「間に合わせるセミナー」というものを開催します。
そこには、力技プラン作成によって合格された方にもご出席していただき、
私が伝える以上のモチベーションを得て頂くという工夫もしています。
力技セミナー.jpg

 

今は、このように、生のセミナーをWEBで提供できるようになったので、これを利用しない手はありません!
そう、録画動画にせずに、同じセミナーを生で何度も開催するには、それだけ直接伝える価値があるからです!
今週日曜日、ぜひ無料体験セミナーにお越しくださいね♪
家でスマホで受けられます!

コース教材を使ってみたい方へ
9/24(日)21:00~
無料体験セミナー
http://eiyousi.net/free-trial/
9月無料体験セミナーチラシ.jpg

2017年 9月 22日

骨吸収、骨形成、再吸収、パラトルモン、カルシトニン、血中カルシウム濃度・・・

カテゴリー: Dotsコース

 

昨日、Dotsコースのお申込み締め切りを9月30日までと発表させていただきました!
ここで紹介しておきたいのが、Dotsコースの面談後の、面談レポートです!

 

これまで合格された方は、この面談レポートをかなり大事にされていました。
面談レポートでは、他の方の躓いた部分が分かります。
「質問をする」「分からないことを聞く」これは、結構レベルの高い話です。
「それ、自分も分かっていなかった!」と気付けることは、大きな価値です。

 

例えば先日の面談では、
骨吸収、骨形成、再吸収、パラトルモン、カルシトニン、血中カルシウム濃度について整理をしました。

 


marcyさんの面談レポートより

・骨吸収
骨からカルシウムを取って、血液中に持ってくること
・骨形成
血液中のカルシウムを骨にくっつけること
がポイントでした。

単に骨が壊れる・作られるという理解だけでなく、そこにカルシウムという名前を入れてあげることで、よりはっきりとした理解になります。
これによって、
骨目線で見ればカルシウムを与えてくれるのがカルシトニン。
血液中目線で見れば、カルシウムを与えてくれるのがパラトルモンと、どちらで聞かれても対応できるようになります^ ^

また、「再吸収」といえば腎臓での話。骨の話である骨吸収とは分けて考える方がスムーズです。

 

長井の面談レポートによるイラストは、こちら↓
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=4563712&id=80998746&comment_count=498
hone.png

 

また、面談レポートには、その方専用の復習問題を作成しています。
単なる○×問題ではなく、その方の抜けていた「間違える原因」を加味した問題です。
これも、皆さんチャレンジしてみてください^^
●問題例●
・疫学研究は、何のためにありますか?
・相対危険とは、一体何でしょう?添付の図をもとに、穀類、果実類、野菜類という言葉を用いて答えよ。
・添付の図で示している95%信頼区間って何ですか?小学生に説明をする気持ちで答えよ。
31-187.png

 

いよいよ本日です!↓

 

 

2017年 9月 22日

今から合格を間に合わせるプラン作成方法

カテゴリー: お知らせ,未分類

今から合格を間に合わせるプラン作成方法

1.勉強量は減らさないとダメなのか?
ファンスタディの指定する勉強量(過去問10年分(2000問)+模試3回分+自分専用問題のカキコミ)を、本当に終わらせることができないのかを確認しよう!
間に合わせるプランは、上記勉強量をすべて終わらせることに勝るものではありません。
>>計画の立て方を動画で紹介

2.現時点での残りの勉強量を把握しておこう!
例:根っコースの方の場合、つなげて学ぼう2を終えた時点でどこまで自分は勉強を進めていて、どれだけあと残っているのか?
>>ガイドラインで確認
>>アップグレードについて
※今年で合格する大きな覚悟!
※アップグレードが難しい方も、今後のプランをご相談ください。

3.失敗から学ぶ勉強におけるポイントを心得よう!
・質の良い勉強を!(理解・整理・暗記を抜けなく)
失敗例1:ただ問題を終わらせようと、急いで進めた、アニメも飛ばした=理解の抜け
失敗例2:テキストに戻って図や表を見る手間を惜しんだ=整理の抜け
失敗例3:自分専用問題を3回連続正解させて消化せずにため込んだ=暗記の抜け
→やった分は確実に点数として取っていく!
>>わくわく勉強方法

・理解・整理・暗記を1人でしない、助けてもらう!
>>WEBスタディ
>>中間テスト、模試、セミナー、直前勉強会
>>全国各地の勉強会

・削ることのできない勉強は?
→最後の自分専用問題のカキコミは、必ず行う!
失敗例:自分専用問題のカキコミを1周しかしなかった
>>わくわく勉強方法ステップ6

4.勉強量の減らし方
・初受験の方
過去問を減らし、模試を受けて問題慣れをする

・受験経験が十分な方
模試を減らし、過去問を進める上で特に理解・整理・暗記の抜けが無いように意識する

・セミナーや直前勉強会を活用できる方
(残り時間によっては)自分で勉強していない部分をそこで補う

5.具体的にはどう減らしていけばいい?
時期や経験、利用できるコース、セミナーや直前勉強会によって変わってきます!
よって個別アンケートにて把握後、こちらからプランをお送りします!

■間に合わせるフォーム1(通信・通学・Dots用)

■間に合わせるフォーム2(根っコース用)

■間に合わせるフォーム3(会員登録のみ用)

6.「続く」ではなく、「続ける」ための工夫が必要
・立てた計画を長井にメール、コミュニティで発表、セミナー会場で先生と約束、勉強会で約束
予定を誰かと約束する、その日までに終わった報告をするということが大事。周りを巻き込もう!
>>長井へメール
>>コミュニティ
>>セミナースケジュール
>>勉強会スケジュール

・WEBスタディいつもの勉強会に参加
毎朝4時と毎晩21時から開催!出席することで、がんばる周りから刺激をもらい、仲間になり、自分だけ落ちるのは嫌だと感じよう!
新しく参加の方、大歓迎!
基本的には各自で自習し、質問がある時には質問をしあっています。
管理栄養士さんも参加されています。
>>いつもの勉強会、IDは、こちら(https://zoom.us/j/241254279

Next »