メルマガでお勉強♪

2018年 1月 25日

Q.食環境づくりにおける食物へのアクセス面に関する記述である。 人々がどのような食物を求めているか市場調査する。(〇or×)

いきなりですが、問題です!
Q.食環境づくりにおける食物へのアクセス面に関する記述である。
人々がどのような食物を求めているか市場調査する。(〇or×)



この食物へのアクセス、情報へのアクセスの問題が苦手!という声を多く聞きます。
多くの方の場合、食物へのアクセス、情報へのアクセスが食環境づくりだということが抜けています。



食環境づくりとは?
例えばアメリカに住んだら太ったという声を聴いたことはありませんか?
これはまさに、周りに高カロリーのものが増えたという食環境の変化によるもの。
健康な人を増やそうとした時、個人に対して「気を付けて!」という視点も必要ですが、
良い食生活になるように食環境を整えるという視点も重要ですよね。



じゃあ食環境を整えよう!そう考えた時に、どう食環境を整えるのか?
食物へのアクセス、情報へのアクセス。
両方の視点から整える必要があります。
簡単にいうと、
食物へのアクセス:良い食べ物が手に入る環境をつくる
情報へのアクセス:良い情報が手に入る環境をつくる
ということです。



では、上記の問題に戻ります。
「人々がどのような食物を求めているか市場調査する。」
市場調査をすることで、人々がどのような食物を求めているかという情報が手に入るから、情報へのアクセスでは?というご質問をいただきました!
この視点は間違えの視点です。



食物へのアクセス・情報へのアクセスは、「最終的に消費者が受け取るのは」食べ物なのか情報なのかという判断が大切です。
なので、人々が求めている食品を市場調査する→人々のニーズが分かる→それを作って売る→消費者はその食品を得る→食物へのアクセス!となり、答えは〇です。




このような視点が間違えているような場合、自分1人で同じ目線でもう一度学んでも、同じ結果になることが多いです。
このような部分こそ、WEB直前勉強会やDots面談を活用して、目線のズレを治していきたいと思います!

2018年 1月 24日

Q.ソーシャルキャピタルとエンパワメントがよくわかりません。

残席2席となりました!
勉強方法と計画の立て方を学ぶ!
2018/1/26(金)21:00~1月スタートWEBセミナー/無料
http://eiyousi.net/websemi/
千葉県・埼玉県・三重県・愛知県の方にお申込いただいています。
そのうち2名は2018年3月の合格を目指す受験生、2名は2019年3月の合格を目指す受験生。
国家試験を目前に控えた方、そして1年以上先に控えた方、両方の方にお伝えしたいアドバイスがあります!
お申込みをお急ぎくださいね♪

 

それでは今日も質問回答を紹介します!
回答は、「他には無い丁寧な回答」と定評のあるファンスタディ・marcy先生による作成です♪

 

【Q&A】
28回-112のソーシャルキャピタルがよくわかりません。自分専用問題で何度解いても暗記してるだけで、理解が、できていないと感じます。
エンパワメントもよくわかりません。
———————————————
栄養教育の考え方として、組織づくり・地域づくりというものがあります。
1対1で個人に何か指導するだけが栄養教育ではなく、
個人が組織・地域からの影響を受けたり、
反対に個人が組織・地域に影響を与えたりもする、というものです。

ソーシャルキャピタルは、この「組織づくり・地域づくり」に含まれる方法(作戦)の1つです。
社会的な交流や近所づきあい、周りへの信頼、社会交流などの要因を巻き込んで、より良い(結束力やつながりの強い)環境を作っていこうとします。

よって過去問を考える際には、この社会(周り)を巻き込んだ方法かどうかがポイントになります。
28回-112をみると、
誤りである選択肢2~5は、社会(周り)を巻き込んで、交流やつきあい、信頼を上げていくという方法ではなく、ターゲットを絞って、そこにアプローチ(教育)していくという作戦です。
対して正解の(1)は、交流やつきあい、信頼が関係する場(きっかけ)をつくるという視点があります。

(第28回-112)
ソーシャルキャピタルの向上を目的とした地域の取組みに関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
1.地域ぐるみの子育てを目指し、子育てサークルを立ち上げた。
2.スポーツをする中学生を対象に、個別相談を実施した。
3.勤労者が利用しやすいよう、スポーツ施設を終夜営業とした。
4.健康祭りで、野菜の購入に使えるクーポン券を配布した。
5.地域の食品製造業者を対象に、栄養成分表示のアドバイスをした。

一言で言い換えるには少し難しい概念ですが、ソーシャル(社会)のキャピタル(資本)をうまく使っていこう!という考え方です。

 

エンパワメントは、「自己管理能力」と言い換えることができます。
栄養教育を受けた時だけ行動が変わるのではなく、栄養教育の結果、対象者自身が自己管理能力を獲得し、自ら健康状態をより良くする行動をとり続けてもらえるようにするという作戦(考え方)です。
これには、個人、組織、地域それぞれのエンパワメントがあるとされています。
例えば28回111番は、この3つのうちの「地域のエンパワメント」についての問題で、
正解の(5)をみてみると、地域の自主グループができることで、その地域が自ら食育を行うという自己管理能力が生まれています。

(第28回-111)
栄養教育を受けたことが、地域(コミュニティ)のエンパワメントへと展開した事例である。正しいのはどれか。1つ選べ。
1.食教育を受けた大学生が、地域の安全・安心な食材を選び、自分で料理を作るようになった。
2.病院で減塩教育を受けた患者が、減塩食レシピを地域の料理コンテストに応募した。
3.保健指導を受けた者が、健康に配慮した地域の飲食店を選ぶようになった。
4.地域での糖尿病教室の受講者が、食生活を見直し、手作り弁当を持参するようになった。
5.食育講演会の参加者が、地域で自主グループをつくり、食育活動を進めた。

「エンパワメントされた」といった場合は、「良い影響を受けて自ら行動するようになった」とイメージしていただくと良いと思います。

 

 

2017年 9月 11日

「今年の大量調理施設衛生管理マニュアル改正について」

 

今年6月16日、「大量調理施設衛生管理マニュアル」が改正されたのはご存知でしょうか?
主な加筆のポイントは、以下の通りです。
・加熱せずに喫食する食品については、製造加工業者が従事者の健康状態の確認等ノロウイルス対策を適切に行っているかを確認すること。
・高齢者、若齢者及び抵抗力の弱い者を対象とした食事を提供する施設で、加熱せずに供する場合(表皮を除去する場合を除く。)には、殺菌を行うこと
・調理従事者等は、毎日作業開始前に、自らの健康状態を衛生管理者に報告すること
・ノロウイルス検査の強い推奨や、保菌者に対しての注意の強化
(背景に、あの海苔のノロウイルス事件が思い浮かびます・・・)

 

改正の詳細については、以下の資料をご覧ください↓
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11130500-Shokuhinanzenbu/0000168026.pdf

 

大量調理施設衛生管理マニュアルに限らず、いつの間にか変化している部分は多いですよね。
よく「そういう情報は、どこに集まっているのですか?」と聞かれますが
特にココに集まっている!というところは、ありません。
情報は、厚生労働省発信のみとも限りません。
ようは、あちこち探し回る、アンテナを張るということです。

 

受験生も管理栄養士さんも、そのような変更点は自ら拾い続ける時間は無いと思いますので、
ぜひファンスタディを頼って下さいね♪
受験生にも管理栄養士さんにも教材を用意しています!
http://eiyousi.net/special/

 

 

Next »