メルマガバックナンバー

2017年 6月 15日

おしっこは、血液からできている!

 

日常生活×管理栄養士知識維持♪
小学6年生の息子が、
消化管や呼吸器官の勉強をしています!
その勉強を教えている時の会話↓

 

長井「腎臓は、何をするところでしょう?」

小6「おしっこをつくるところ」

長井「おしっこは血からできてるって知ってた?」

小6「え!キモイ~(笑)でも、なんでおしっこは赤くないじゃん!」

長井「それは、血液の赤い色の元の赤血球が腎臓で取り除かれているんだよ」

 

日常生活×管理栄養士知識維持として、小学生に勉強を教えてみるというのも方法の1つです!
理科なら、結構分かるところが多いですよ^^

 

あなたが見つけた「日常生活×管理栄養士知識維持♪」
こちらにお待ちしています↓
【つなげて学ぼう×生活】トピ
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=4563712&id=81098812

 

みなさんが投稿されている内容も楽しんでください^^
お菓子作りをしながら、買い物をしながらなど、
おもしろ投稿たくさんです!

 

 

2016年 8月 25日

「第29回で出題!FOOD ACTION NIPPON」

第29回153番(1)で出題された
FOOD ACTION NIPPONとは、食品の安全性の確保に関する国民運動のことである。
答えは、×
FOOD ACTION NIPPON(国産農産物等の消費拡大を推進する取組)において、米などの国産農林水産物の消費拡大に向けたさまざまな事業を推進するなどの取組を行っているものです。

FOOD ACTION NIPPONの推進パートナーの中には、
素敵栄養士estの柏原幸代さんの協会、日本健康食育協会が!!
国家試験という異次元(!?)から、現実につながった瞬間です(笑)^^!

11/14
さて、FOOD ACTION NIPPONがどんな取組をしているのかというと、
・フード・アクション・ニッポン アワード
国産農林水産物の消費拡大につながる、優れた取り組みを表彰します。
・食べて応援しよう!
震災被災地を応援する取組です。
・こくさんたくさん週間
国産農林水産物の消費拡大に向けた取組を集中的に行う取組強化週間です。
・米粉倶楽部
米粉を通じて、新しい食の可能性を広げ、日本の食料自給率を向上させることを目的とした活動です。
このようなものがありました!

管理栄養士として、FOOD ACTION NIPPONのホームページを、見てみよう!

 

2016年 8月 24日

「変更点について学ぼう!食料自給率♪」

今日は、毎年発表される食料自給率について♪

食料自給率とは、国内の食料消費が、国産でどの程度賄えているかを示す指標です。
平成27年の結果を見ていきましょう♪

自分の国でどれだけの食料が賄われているのか?考える時に、
カロリーで数字を出すのか、生産額で出すのか、重量で出すのか。
結果が変わってくることはご存知だと思います。

総供給熱量 2,417kcal / 人・日
(国産供給熱量 954kcal / 人・日)
カロリーベース総合食料自給率 39%


前年と変化無しという結果になりました。
日本のカロリーベースの食料自給率は、
昭和40年度(1965年)の73%から大きく低下し、近年40%前後で推移しています。

ちなみに、上記の総供給熱量は、純食料から計算した1人当たり供給数量に、栄養成分量(熱量、たんぱく質、脂質)を乗じて算出します。
でも、私たちは食べ残しもするし、純食料=私たちが食べた量とはならないですよね。
つまり、食料需給表により算出された食料の供給数量及び栄養量は、国民によって実際に摂取された食料の数量及び栄養量ではない。

純食料ってなんだっけ?など、忘れちゃった方は、
つなげて学ぼう5からで復習してくださいね♪

« Prev - Next »