勉強の裏技!?

2016年 12月 01日

「ケアレスミス防止法は、シリーズ7まで!」


さて、みなさ~ん!!今日から12月ですよ~!!

みなさんのページには、今朝から模試の「受験」ボタンが押せるように出現しています。

 

それでは引き続き、177点のmarcyさん問題用紙から学ぶ、

ケアレスミス防止法4.2つ聞いている問題に注意する!

プラカード下書き

問題「飢餓時においても筋肉のグリコーゲンは分解されてグルコースとなり、血液中に放出される。」これは、誤文なのですが、

・飢餓時→グリコーゲン分解→グルコース

・筋肉→グリコーゲン分解→グルコース

2つ聞いている問題です。

 

この場合、

・飢餓時→グリコーゲン分解→グルコース

ここだけに注目した場合は正解ですが、

・筋肉→グリコーゲン分解→グルコース

ここにも注目した場合、誤文と分かります。

 

このように、2つ聞いている問題は、「2つ聞いている!」と、線を引くことでどちらか一方を見落とすことが減ります。

 

例えば、第29回87番(4)ヨウ素は、70%以上が肝臓に存在する。

70%以上、肝臓、2つ聞いている問題です。

第29回87

この問題の場合、70%以上かどうかではなく、「肝臓」が誤りであることを確認するため、

marcyさんの問題文には、肝臓に丸が付いていました。

 

2つ聞かれている場合、1つのみを見て、もう1つの聞かれているところを見落としてしまわないように

もう1つが誤りであれば、誤りの単語に丸を付ける!ぜひ真似をしてみてくださいね!

 

さて、ここまで配信してきたケアレスミス防止法ですが、

こちらのPDFにまとめました。

ケアレスミス防止法は、シリーズ7まで用意しています。

生問題用紙の画像とともに、

これまで配信したシリーズと、まだ配信していないシリーズ7までの内容を、

確認した上で模試にチャレンジしてみてください↓^^

http://eiyousi.net/wp-content/uploads/2016/11/949106de8e483004cf2fcd0f4894d8ab.pdf

 

 

2016年 11月 30日

「ケアレスミス防止法3.考え込むなら、書き出してみる!」

 

さて、みなさ~ん!!あと1日で、12月ですよ~!!

明日、会員ページでは模試が受験できるようになります。

ですが、つなげて学ぼう6まで自分専用問題の終了を含めて全て終えた後の受験をお勧めします。

こちらで受検方法を説明していますので、ご確認ください↓

http://eiyousi.net/?p=13328

会員メルマガでは、今週は模試に進む前に「模試の解き方」を学びます♪

プラカード下書き

177点のmarcyさん問題用紙から学ぶ、

ケアレスミス防止法3.考え込むなら、書き出してみる!

 

marcyさんの生問題用紙を見ると、

第29回87(5)セレンは、スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)の構成成分である。

この誤文の下に、

スーパーオキシドジスムターゼの構成成分は「銅Cu・マンガンMn、亜鉛Zn」であることと、

セレンは「グルタチオンペルオキシダーゼ」の成分であることを簡潔に記入しています。

IMG_0010.jpg

このようにして、書き出すメリットは、2つです! 

メリット1.何度も考えないで良い 

スーパーオキシドジスムターゼの構成成分は「銅Cu・マンガンMn、亜鉛Zn」であることと、

セレンは「グルタチオンペルオキシダーゼ」の成分であることが頭から出てきた時点で書き出しておくことで、

その情報がまた頭の中に引っ込んでしまった時も、

もう一度頭から引っ張ってこなくても、問題文をみればわかります。 

 

メリット2.見直しの際に役立つ 

どう考えてその答え(○か×か)を導き出したのか? 

見直しの際に再確認することで、その考える過程が間違えていないか確認できます。

例えば、スーパーオキシドジスムターゼの構成成分は「銅Cu・マンガンMn、亜鉛Zn」であることと、

セレンは「グルタチオンペルオキシダーゼ」の成分であること。

こう書かれている部分の情報に誤りがあれば、見直しの際にケアレスミスを拾うことができます。

 

暗算でなくひっ算で計算した時に、途中の計算が間違えていなかったのか、確認できるのと同じです。

 

考え込んで時間を取ってしまうという方、そうならないための工夫をしましょう!

 

■スペシャルリクエスト開催!

12月6日奄美大島

今年度限定セミナー「日本人の食事摂取基準2015、どこが変わったの?」

(代表理事長井彩子&marcy先生)

 

■合格と知識維持に本気の方限定で募集!

12月10日計算問題が好きになるセミナー

萩野祐子先生・30名限定(名古屋・ウィンク愛知)

12月11日法律系問題を得意にするセミナー

萩野祐子先生・30名限定(名古屋・ウィンク愛知)

12月16日代謝マップ体感セミナー

萩野祐子先生(東京都)※リクエスト平日開催!あと1席!


■12月1日から

全国統一管理栄養士模擬試験!【無料招待!】



新コース登場!!

http://eiyousi.net/

 

2016年 11月 29日

「ケアレスミス防止法2.正確に問題を解くスピードを上げる!」

 

さて、みなさ~ん!!あと2日で、12月ですよ~!!

コミュニティでは、模試もはじまるし頑張ろうという声掛けが見られます^^!!

会員メルマガでは、今週は模試に進む前に「模試の解き方」を学びます♪

 

177点のmarcyさん問題用紙から学ぶ、

ケアレスミス防止法2.正確に問題を解くスピードを上げる!

プラカード下書き

marcyさんは、200問の問題を2周することができたそうです。

1周目は、問題を解いて、マークシートを塗りつぶす。

2周目は、見直しをする。

 

なので、2周目を考えて問題用紙に印をしていたのです!具体的には、

・1周目、誤りと判断した選択肢は問題番号に斜線「/」

・2周目、見直しの際に問題を読み、再度誤りを確認すれば反対の斜線「\」

斜線の方向を反対にすることで確実にすべてに目を通し、2周問題を解くことができたのです!

2周見直し

 

言うまでもなく、模試を早く解けばいいということだけを意識すればいいわけではありません。

「早く!」「正確に!が大事です。

marcyさんの場合、問題を2周することで、より正確性を増しました。

 

ですが、人によっては、見直しをする時間が取れるか、取れないか

ギリギリの時間で終わってしまう方もいます。

そのような方に、無理に2周する速さで解くことを押し付けると、

逆効果になってしまうこともあります。

 

まずは、本番を想定して問題を解いてみてください。

やってみて自分はギリギリタイプなら1回目で、より正確に問題を解くことを意識してみてください。

特に意識しなくても時間が余るくらいの方は、2周目も解くことを意識してみてください。

 

また、どちらのタイプの方も

marcyさんが2周問題を解くことができるようになったのは

それだけの努力があったからということを意識してみてください。

 

■スペシャルリクエスト開催!

12月6日奄美大島

今年度限定セミナー「日本人の食事摂取基準2015、どこが変わったの?」

(代表理事長井彩子&marcy先生)

■合格と知識維持に本気の方限定で募集!

12月10日計算問題が好きになるセミナー

萩野祐子先生・30名限定(名古屋・ウィンク愛知)

12月11日法律系問題を得意にするセミナー

萩野祐子先生・30名限定(名古屋・ウィンク愛知)

12月16日代謝マップ体感セミナー

萩野祐子先生(東京都)※リクエスト平日開催!あと1席!

■12月1日から

全国統一管理栄養士模擬試験!【無料招待!】



新コース登場!!

http://eiyousi.net/

Next »