教えるを、教える

2016年 12月 22日

「栄養指導を仕事とするBさんの場合」

カテゴリー 教えるを、教える

 

管理栄養士さん向けオーダーメイド教材!

リニューアルした、「教えるを教える」3,000円(税込)

活用例を紹介させていただきます!

https://eiyousi.shop-pro.jp/?pid=110188878

教えるを教える295px.png

 

例2.栄養指導を仕事とするBさんの場合

●Bさんのお悩み

仕事で糖尿病の人に対する資料を作成したけど、これについてアドバイスが欲しい。

栄養指導においていまいち効果が出ないので、一度栄養指導を受けてみてもらいたい。



●30分無料Skype相談

いただいたお悩みをさらに詳しく聞き出し、

出来上がった糖尿病資料を拝見し、資料の構成や伝わる情報量、言葉の選び方についてアドバイスをした。

栄養指導時に、ファンスタディ教材の活用を伝えた。

資料を使った栄養指導の流れと簡単な内容を教えて頂き、気を付けているポイントなどを聞き出しアドバイスをした。



●開催へ向けて各自で準備

Bさんは、ファンスタディの画像を利用し、糖尿病資料を再度作成した。

資料を使った栄養指導も、練習をした。



●完成した「教える」について、面談1時間&評価指標の作成

完成した資料の再チェック。さらに資料を使い分かりやすい言葉での説明についてアドバイス。この資料をもとに糖尿病教室に来てくれた人数を評価指標とする。

Bさんは、オプション面談プラス1時間を活用し、実際に栄養指導をするところをみてもらいたいと希望された。

ファンスタディは、栄養指導のクライアント役となってBさんの指導を受け、もっと分かりやすくなる表現へアドバイスをした。

栄養指導後のアンケートを評価指標とすることにした。



●フィードバック(メール)

栄養指導により、「やる気がUPした」という声があった。

正しい栄養指導だけではなく、行動変容段階モデルを活用し、対象者のやる気をUPさせる、対象者に沿った栄養指導方法を発見し、次に試してみることになった。

 

ファンスタディの強みとして、ファンスタディの教材の図や動画を、栄養指導などのお仕事にご活用いただける点があります!

「一般人にも分かる教材」という視点で作成してきた図やアニメなので、そのままご活用いただけます^^

 

次回は、例3.管理栄養士としてセミナーをすることになったCさんの場合です!

 

 

2016年 12月 21日

「ブログで管理栄養士として記事を書くAさんの場合」

カテゴリー 教えるを、教える

 

管理栄養士さん向けオーダーメイド教材!

リニューアルした、「教えるを教える」3,000円(税込)

活用例を紹介させていただきます!

https://eiyousi.shop-pro.jp/?pid=110188878

教えるを教える295px.png

 

例1.ブログで管理栄養士として記事を書くAさんの場合

●Aさんのお悩み

ブログの記事を書いたから、伝わりやすい文章なのか、アドバイスが欲しい。

今までに無い惹きつける内容にしたい。



●30分無料Skype相談

ファンスタディは、ブログ記事の対象者を明確にし、ブログの内容に対して読者の年齢層性別から、読みたいと思う内容へのアドバイスをした。

また、アクセス解析の具体的な取り入れ方を伝えた。



●開催へ向けて各自で準備

Aさんは、ブログの記事を修正し、ブログのアクセス解析機能を取り入れた。



●完成した「教える」について、面談1時間&評価指標の作成

完成したブログの再チェック。再度ブログの制作者の想いが伝わる、お役立ていただけるブログに内容を整えた。

ファンスタディも協力する上でブログの広め方などの計画を立てた。

参加型のブログとし、読者からの声をもらう計画にしてみる。

1か月後のブログのアクセス数を評価指標とする。



●フィードバック(メール)

アクセス数が伸び、コメントが入るようになってきた。コメントに返信をすることでファンを創ることになった。

また、読者からの声をブログに載せる、読者からの声に返信をするなどして、より参加型になるように進めることにした。

 

ブログ記事を書くというところに気を取られがちになると思いますが

大切なのは、読む人がどんな人かを知る「アセスメント!

やってみた後の、「フィードバック!

 

教えるを教えるは、そこに着目したサービスなのです♪

今自分が持っている知識が上手く使えていない方にご活用いただきたいと思っています^^

明日は、例2.栄養指導を仕事とするBさんの場合です!

 

 

2016年 7月 14日

「あなたの想いを伝える秘策!あやハピっ子のメルマガ解説♪」

カテゴリー 教えるを、教える

 

選ばれる人になるための、

「自分プロモーション!」

 

ハピコさんからのメルマガを、私がハピコさんになりきって!

再度昨日お届けさせていただいた「あやハピっ子のメルマガ」を、

解説させていただきます^^♪

160607005.jpg

 

ハイエナ風に解説すると、

まずは狙いを定める!

「受験生に向けた応援メルマガ」としました。


ハピコさんからいただいたメッセージは、メッセージ性抜群でした!

だから、狙いに合わせ、話題を「ゴロ×合格=GG缶バッジ!」1つに絞りました。

ハピコさんからいただいたメッセージの内容の濃さなら、

5本メルマガが書けます。

これを1度に発信してしまうことで、

1つ1つのメッセージが逆に薄く伝わりにくくなってしまうため、

1つの記事に1つのメッセージです♪

 

これが決まれば、あとはどう料理するか!?

おいしくするためのスパイスを集めました。

 

スパイス1.ハピコさんの気持ち

・楽しみを目の前にぶら下げて、31回絶対合格!

・今年は、念願叶って、アンバサダーとして、

↑こちらは、メールやmixiから拾ってきたハピコさんの気持ちの部分です。

いただいたメルマガ記事からもわくわくする気持ちや、応援する気持ちが伝わってきましたが

そこの部分をもっと大事にするため、ハピコさんの言葉で拾ってきました。

 

スパイス2.分かりやすさ

・第30回、Dotsコースで合格をした、ファンスタアンバサダー、ハピコです♪

↑初めて読んだ方にも分かるメルマガにします。

 

スパイス3.脱謙遜

・少しでも~

・ほぼ自己満足で趣味の領域になりますが(笑)

↑例えば私が「私のヘタなイラストが描いてある缶バッジ」と言うより、「長井彩子先生特製の破壊力抜群イラスト付き」と言う方がおもしろい。

ということで、今回はカットです♪

それだけでなく、ナイスアイディーアーな「ゴロ×合格=GG缶バッジ!」が、さらに引き立つよう、文章を組み立てました。

謙遜は、時に自分の行動の価値を下げてしまうので、要注意人物なのです。

次回は、脱謙遜、でも自慢ではない、自虐でもない、ハイスペックな表現を目指してみてください♪

(超むつかしい事言っている!?)

 

スパイス4.読み手の受け止めやすさ

・目の前ニンジンを増やせ!馬並み作戦!

↑例えば「合格後の楽しみを増やしてがんばりましょう!」と言われるより、スッと入ってくる感じがしませんか?

正論より、「プッ」と来る表現が勝つ(伝わる)事、多し。

今回は、ハピコさんから誕生した「楽しみを目の前にぶら下げて」という馬風の表現から、この作戦名を付けました。

 

まとめると、

1.狙いを定める

2.メッセージを1つ決める

3.スパイス注入


です!

 

あ~楽しかった!ハピコさん、本当にありがとうございます!

次回は、ハピコさんへインタビュー♪


 

Next »