Dotsコース

2017年 9月 28日

Dotsコースならではのサポートとは!?

カテゴリー Dotsコース

 

Dotsコースの締め切り・9/30まで!
http://eiyousi.net/?p=18250
Dots.png

毎年、迷っているうちに期限を過ぎていた―
そういえば!もう締め切りが終わってしまっていたのね!
など、残念な声を聴きますので、もう一度お知らせをしておきますね♪

 

さて、Dotsコースで教えていて、「Dotsコースならではのサポート」と感じるのは、
1人ひとりと会話をしながら勉強を教えることができるからです。

 

何が分かっていないのか、分かっていないけど不安・・・問題が解けない。
そんな時は、まずこちらから数点質問をし、分かっていないところを洗い出します。
そうすると、「抜け」が明らかになり、「解決法」が早急に見出されます。

 

●抜け1:骨格が抜けているパターン
「それは、何者ですか?」「何のためにありますか?」という質問をして返ってこない場合は、骨格が抜けたまま細かい部分ばかりに目が行ってしまっているパターンです。
骨格を構築した上で、試験に出るような細かい部分を入れていくように導きます。
★質問例
・疫学研究って何ですか?
・食事摂取基準は、何のためにありますか?

 

●抜け2:認識不足パターン
間違っていないけれど、それだと認識不足で問題が解けないというパターン
★例
「バソプレシン=尿量を調節するホルモン」
間違えてはいないけれど、問題を解くには「尿量を減らす」側に調節するところまで入っていることがポイント

 

●抜け3:認識間違えパターン
その認識では間違っている、だから問題が解けないというパターン
それが自分の中での常識になっていれば、自分ではなかなか気づけないところなのです。

 

その他にも
・勉強が進まない→プライベートも配慮したオリジナルプラン作成
・これから模試です→筆跡分析も含めたより効果的なプラン作成
・勉強が分からない→考え方の構築
など、その人だけのセミナーをすることにより、出来ることが広がります。

 

迷っている方は、ご連絡くださいね^^↓
http://eiyousi.net/contact/

 

 

2017年 9月 22日

骨吸収、骨形成、再吸収、パラトルモン、カルシトニン、血中カルシウム濃度・・・

カテゴリー Dotsコース

Dotsコースの面談後の、面談レポートを紹介させていただきます!

 

これまで合格された方は、この面談レポートをかなり大事にされていました。
面談レポートでは、他の方の躓いた部分が分かります。
「質問をする」「分からないことを聞く」これは、結構レベルの高い話です。
「それ、自分も分かっていなかった!」と気付けることは、大きな価値です。

 

例えば先日の面談では、
骨吸収、骨形成、再吸収、パラトルモン、カルシトニン、血中カルシウム濃度について整理をしました。

 


marcyさんの面談レポートより

・骨吸収
骨からカルシウムを取って、血液中に持ってくること
・骨形成
血液中のカルシウムを骨にくっつけること
がポイントでした。

単に骨が壊れる・作られるという理解だけでなく、そこにカルシウムという名前を入れてあげることで、よりはっきりとした理解になります。
これによって、
骨目線で見ればカルシウムを与えてくれるのがカルシトニン。
血液中目線で見れば、カルシウムを与えてくれるのがパラトルモンと、どちらで聞かれても対応できるようになります^ ^

また、「再吸収」といえば腎臓での話。骨の話である骨吸収とは分けて考える方がスムーズです。


 

長井の面談レポートによるイラストは、こちら↓
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=4563712&id=80998746&comment_count=498

 

また、面談レポートには、その方専用の復習問題を作成しています。
単なる○×問題ではなく、その方の抜けていた「間違える原因」を加味した問題です。
これも、皆さんチャレンジしてみてください^^
●問題例●
・疫学研究は、何のためにありますか?
・相対危険とは、一体何でしょう?添付の図をもとに、穀類、果実類、野菜類という言葉を用いて答えよ。
・添付の図で示している95%信頼区間って何ですか?小学生に説明をする気持ちで答えよ。

2017年 9月 21日

Dotsコースお申込みの締め切りについてお知らせ

カテゴリー Dotsコース,お知らせ

ファンスタディの最強コース、Dotsコースの締め切りを、9月30日までとさせていただきます!
ですが人数制限により、あと4名までの受入となっているため、30日までに4名埋まればそこで締め切りとさせていただきます。

 

Dotsコースに向いている方は、次のとおりです。
・絶対に今年受かるという強い気持ちのある方
・合格を目指しているけれど、勉強が続かないことがある方
・勉強したところなのに、できていないと、忘れていると感じることが多い方
・このままでは、”120点に手が届きそうなところで、ギリギリ不合格になるかも”と感じる方
例えば、「全然勉強はまだだけど、Dotsが一番最強コースだから、ここに入れば受かるかも♪」という考えの方には、向きません。
あくまでも、受かるのは自分、「自分で努力する上で賄えない部分をお願いしたい」というスタンスの方にとってお役立ていただけます。

 

【がんばったけど、自らの力及ばず、ギリギリ120点届かずに不合格・・・】
これは、かなりもったいない、要注意パターンです。
なぜなら、120点ギリギリで不合格というのは、思いっきり点数足らずで不合格のパターンより、深く傷ついてしまうことが多いです。
そのため、立ち直りに時間がかかり、数年ブランクが空いてしまい、せっかく学んだ知識が一度まっさらになってしまうくらい間が空いてしまうということも多いです。
思いっきり不合格になった方の方が、スッキリと立ち直って、最終的には合格も早かったりすることも。
限りある人生のうちでの管理栄養士である期間が削られるのは、もったいない話です。

 

その他、今年合格されたDotsコースの方に「なぜDotsコースを選んだのか?」を聞いてみると、
「120点ギリギリで受かるのは嫌だ、きちんと受かりたいから」という声がありました。
確かに受験というのは、貴重な「勉強する理由がある期間」であり、ここでしっかりと伸ばしておくチャンスですよね!

 

そもそもDotsコースって何するの!?という方は、こちらをご覧ください。
http://eiyousi.net/dots/
Dots.png


 

気になる、話を聴いてみたい!という方は、個別に承ります。
Dotsコースは、オーダーメイドで、セミナーやプラン作成を、その人だけにしていくコースなので、相談も個別に受けようと思います。
お問い合わせからメール、もしくはご都合の良い時間にお電話くださいませ^^

 

【もっと具体的に知りたい方へ】
>>Dotsコース面談レポートをご覧ください。

Next »