Dotsコース

2017年 9月 22日

骨吸収、骨形成、再吸収、パラトルモン、カルシトニン、血中カルシウム濃度・・・

カテゴリー Dotsコース

Dotsコースの面談後の、面談レポートを紹介させていただきます!

 

これまで合格された方は、この面談レポートをかなり大事にされていました。
面談レポートでは、他の方の躓いた部分が分かります。
「質問をする」「分からないことを聞く」これは、結構レベルの高い話です。
「それ、自分も分かっていなかった!」と気付けることは、大きな価値です。

 

例えば先日の面談では、
骨吸収、骨形成、再吸収、パラトルモン、カルシトニン、血中カルシウム濃度について整理をしました。

 


marcyさんの面談レポートより

・骨吸収
骨からカルシウムを取って、血液中に持ってくること
・骨形成
血液中のカルシウムを骨にくっつけること
がポイントでした。

単に骨が壊れる・作られるという理解だけでなく、そこにカルシウムという名前を入れてあげることで、よりはっきりとした理解になります。
これによって、
骨目線で見ればカルシウムを与えてくれるのがカルシトニン。
血液中目線で見れば、カルシウムを与えてくれるのがパラトルモンと、どちらで聞かれても対応できるようになります^ ^

また、「再吸収」といえば腎臓での話。骨の話である骨吸収とは分けて考える方がスムーズです。


 

長井の面談レポートによるイラストは、こちら↓
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=4563712&id=80998746&comment_count=498

 

また、面談レポートには、その方専用の復習問題を作成しています。
単なる○×問題ではなく、その方の抜けていた「間違える原因」を加味した問題です。
これも、皆さんチャレンジしてみてください^^
●問題例●
・疫学研究は、何のためにありますか?
・相対危険とは、一体何でしょう?添付の図をもとに、穀類、果実類、野菜類という言葉を用いて答えよ。
・添付の図で示している95%信頼区間って何ですか?小学生に説明をする気持ちで答えよ。

2017年 9月 21日

Dotsコースお申込みの締め切りについてお知らせ

カテゴリー Dotsコース,お知らせ

ファンスタディの最強コース、Dotsコースの締め切りを、9月30日までとさせていただきます!
ですが人数制限により、あと4名までの受入となっているため、30日までに4名埋まればそこで締め切りとさせていただきます。

 

Dotsコースに向いている方は、次のとおりです。
・絶対に今年受かるという強い気持ちのある方
・合格を目指しているけれど、勉強が続かないことがある方
・勉強したところなのに、できていないと、忘れていると感じることが多い方
・このままでは、”120点に手が届きそうなところで、ギリギリ不合格になるかも”と感じる方
例えば、「全然勉強はまだだけど、Dotsが一番最強コースだから、ここに入れば受かるかも♪」という考えの方には、向きません。
あくまでも、受かるのは自分、「自分で努力する上で賄えない部分をお願いしたい」というスタンスの方にとってお役立ていただけます。

 

【がんばったけど、自らの力及ばず、ギリギリ120点届かずに不合格・・・】
これは、かなりもったいない、要注意パターンです。
なぜなら、120点ギリギリで不合格というのは、思いっきり点数足らずで不合格のパターンより、深く傷ついてしまうことが多いです。
そのため、立ち直りに時間がかかり、数年ブランクが空いてしまい、せっかく学んだ知識が一度まっさらになってしまうくらい間が空いてしまうということも多いです。
思いっきり不合格になった方の方が、スッキリと立ち直って、最終的には合格も早かったりすることも。
限りある人生のうちでの管理栄養士である期間が削られるのは、もったいない話です。

 

その他、今年合格されたDotsコースの方に「なぜDotsコースを選んだのか?」を聞いてみると、
「120点ギリギリで受かるのは嫌だ、きちんと受かりたいから」という声がありました。
確かに受験というのは、貴重な「勉強する理由がある期間」であり、ここでしっかりと伸ばしておくチャンスですよね!

 

そもそもDotsコースって何するの!?という方は、こちらをご覧ください。
http://eiyousi.net/dots/
Dots.png


 

気になる、話を聴いてみたい!という方は、個別に承ります。
Dotsコースは、オーダーメイドで、セミナーやプラン作成を、その人だけにしていくコースなので、相談も個別に受けようと思います。
お問い合わせからメール、もしくはご都合の良い時間にお電話くださいませ^^

 

【もっと具体的に知りたい方へ】
>>Dotsコース面談レポートをご覧ください。

2017年 4月 07日

面談レポートを活用できていますか?

 

 

昨日のメルマガで、勉強を進めるにあたり理解・整理・暗記が大事。
ただ進める事だけに目的が行くと点数UPにつながらない。
それに伴い、最初に決めた計画を立て直す瞬間は必ず出てくるので、そこで立て直しを怠らないことが重要とお伝えしました。

 

Dotsコースの場合、それがさらに個別に対応できます!

 

例えばその方が図を思い浮かべることでさらに点数が伸びると分かれば、図を思い浮かべることができるように面談中で導きます。
さらに面談で教えた部分だけ図が思い浮かぶようにすることを目的とせずに、
その勉強を日々の勉強にフィードバックする、
つまり、面談によって勉強そのものと勉強方法を学ぶという視点で伝えます。

 

そして、やらない→やる!のきっかけもつくります。
面談を入れることにより、「その日までに、ここまでやろう!」と約束をします。

 

また、勉強の進行もさらにオーダーメイドです。
今はゆっくり、前に進むより少し立ち止まろう!
もう少し勉強量を増やしてテストをしてみようか?
など、その人に合わせて変えていきます。

 

そして注目していただきたいのが面談後の面談レポートです!
面談レポートはその方に合わせて書いているのですが
今年度は復習専用テストをつくり、面談レポートの記載するという方法も取り入れています!
例えば先日の面談レポートはこちら↓

●今日の面談復習テスト●
・たんぱく質の合成を行う細胞小器官は?
※たんぱく質の合成と言えば思い浮かべる図はテキスト1P43

・粗面小胞体はその名の通り粗い面の小胞体。何がくっついているから粗い?
※思い浮かべる図はテキスト1P2

・線維芽細胞は、(   )組織を形成する。
※思い浮かべる図はテキスト1P7
上皮組織の下の(   )組織を構成するぺったんこの線維芽細胞

・イントロンは、RNAポリメラーゼにより転写(されるorされない)。
※思い浮かべる図はテキスト1P43
イントロンは一旦転写されてその後に「いらん、取ろう」で取り除かれる

 

今日は、糖質と核酸の部分を勉強したので、
なんとmarcyさん特製糖質教材(トイレ用)が贈呈され
核酸の部分は長井が専用テストを作成しました!

 

面談レポートは、みるだけで勉強になる!と人気です^^
仲間が勉強している様子をリアルで感じることが出来るので、学習&メンタルのためにもご活用ください!
●面談レポート1●
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=4563712&id=78048662&comment_count=945
●面談レポート2●
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=4563712&id=80998746&comment_count=367

 

そして特に!次絶対合格したい方は、Dotsコースをご検討ください♪
今のところ、あと8名受け入れ可能です!
Dotsコースに関するお問い合わせは、こちら↓
http://eiyousi.net/contact/
・勉強は進めているけれど力になっているか不安
・まだ勉強をスタートできていなくて追い上げたい
そんな「絶対に合格したい」方にお勧めです♪

 

管理栄養士のみなさん!今日です!まだまだ歓迎中!
【4/7(金)管理栄養士さん限定!WEBパーティー】
4月7日管理栄養士Webパーティー.jpg

>>詳細

 

 

« Prev - Next »