長井彩子の体験談

●勉強方法に悩んでいらっしゃいませんか?
●成果が出ないことを、「頭が悪いから」という理由をつけて逃げていらっしゃいませんか?
●長井先生は頭がよかったから合格できたのでは?私にもわくわく勉強方法ができるのだろうか?
そう考えていらっしゃいませんか?
●お金がない、時間がない、歳だから・・・いろんな理由を考えて諦めていませんか?

長井彩子が、時間がない、子育て、学生をしながら・・・そんな状況の中、8割の正解率をマークし、管理栄養士国家試験に1発合格できたのは、大きな失敗を経験したおかげでした。

失敗は成功の種。 失敗から学んで自分の成長に結び付けるのです!!

高校時代の失敗

ファンスタディのわくわく勉強方法は、高校時代の失敗から生まれたものです。
何に失敗したかというと、「大学受験」
大学受験は、センター試験で7科目受験しなければなりませんでした。
当時私が実行していた勉強法から、失敗を紹介しましょう。

×失敗につながった勉強方法1

・参考書を勉強し、参考書を完璧に覚えたら問題を解いて力試しする

参考書を勉強し、参考書を完璧に覚えたら問題を解いて力試しするという方法を実行して私がどんな失敗をしたかというと、

参考書を読んでも覚えられない→また最初から!と気合を入れなおし、1ページ目から覚えなおそうとする→眠気、遊び、恋愛に負け、また1ページ目から覚えなおそうとする→結局覚えたのは最初の数行だけという繰り返し。
結局、ただ参考書や教科書を読んでも私にとって「知りたくもないこと」だったので、頭に入って来なかったのです。

こうして勉強した状態で多いのが「うろ覚え」状態のもの。
いざテストしてみると、「勉強した」という事実はしっかり覚えているものの、解答が出てこない・・・
「勉強したのに!!」という悔しさでテストに集中できない。
結局参考書とにらめっこしていても覚えられなかったのです。

×失敗につながった勉強方法2

ノートをきれいにまとめて満足してしまう。・きれ~~~いにノートまとめする

きれ~~~いにノートまとめすることに一生懸命になっていました。いろんな色を使い、線は定規で引き、それはそれは素敵なノートが出来上がりました。こんな方法を実行して私がどんな失敗をしたかというと、

・きれいにまとめることに頭を使い、まとめながら覚えるということは不可能だった
・まとめ上がったきれいなノートに満足し、それを使って覚えるということを怠った

そしてノートまとめに費やした時間までも無駄になってしまいました。
こうしてなかなか勉強の進まない私は、さらなる失敗へと進んでいきます。

×失敗につながった勉強方法3

申し込みまくり…・良いと聞いたものをとにかく購入・申し込みしまくった

参考書をたくさん買いました。「○日で漢文を完璧にする」などとうたった参考書に目をくらませ、手当たり次第に買い、試しました。そんな短期間で覚えられるものでもなく、断念。
予備校にも通い、家で通信講座もし、塾に通いました。でもそんなにたくさんのコースをこなせるわけもなく、断念。
そして参考書や予備校、通信講座、塾などに費やした 巨額の費用が無駄になってしまいました。

×失敗につながった勉強方法4

勉強に飽きた…・1教科単位で勉強した

どういうことかというと、1か月国語ばかり勉強し、その次は 1か月数学ばかり勉強し・・・という風に進めました。
飽きやすい私は飽き飽きしながらの勉強になりました。
そんな飽き飽きしながらの勉強は進むわけがありませんでした。

そして最初に勉強し終えた科目で学習したことは
最後の科目を終えるころには記憶から去っていっていました。

×失敗につながった勉強方法5

覚えられない…・暗記を後回しにした

なかなか暗記を開始しませんでした。
早く覚えてもあとから忘れるから意味がない、受験日が近づいてから一気に覚えようと考えていたのです。

しかし、そんなに短期間で膨大な量の暗記が一気にできるわけがなく、「うろ覚え」が増えただけで点数UPにつなげることができませんでした。

こうして数々の失敗を重ねた大学受験は見事失敗!!

滑り止めの滑り止めに設定していた第三希望の大学に進学しました。
悔しくて悔しくて・・・第一希望の大学が夢に出てくるくらいでした。

大学受験には、たくさんの費用と時間をかけました。
しかし、今思えば、費用と時間があったからこそ、「この参考書をしっかり勉強してから問題を解こう」「ノートをきれいにまとめよう」なんて、無駄な時間が生まれ、効率の悪いものになってしまったのです。
確かにがんばりました。
でも、がんばるところを間違えていました。

時間がない!費用がない!どうしよう!

次に挑んだ受験が、「管理栄養士国家試験」でした。
管理栄養士国家試験の勉強をしていたころは、 長男が産まれたばかりでした。
子育て、夜泣きで睡眠不足・・・
往復5時間かけて大学に通うので勉強時間もろくにとれない・・・
卒論も大変・・・
時間はいくらあっても足りません!!

結婚していたので、費用の面であまり両親に頼ることもできない。
一切の無駄を省くしかありませんでした。
そしてこの時行った勉強方法は、高校時代に行った勉強方法とは異なる方法をとりました。(同じ失敗は繰り返したくありませんからね)
その時の勉強方法をお伝えしましょう!

合格するための勉強方法

illust5◎成功につながった勉強方法1
時間のない私は、わかりもしない問題を解き始めました。
覚えてもいないのに、わかるわけがありません。
でも考えました。
そして答え合わせ。
問題を解いていて「?」と思った言葉の意味などを問題解説を見て知ります。
すると、ただ参考書を読んでいた時と違い、
「ああ、こういう意味なんだ!」と発見しながら学習できるのです。
ただ参考書を読むのと、頭に入って来かたが違いました。

illust6◎成功につながった勉強方法2
しかし、問題集についている答えを読むだけでは、 なんだか頭の中が整理できません。
そこで、問題で出てきた部分を参考書で調べて線を引くことにしました。
すると、こんないい点がありました。

・解いた問題がどの分野で他にどのようなつながりがあるのか頭の中で整理できる
・そのときに問題にでてきたこと以外の、その分野で大切なこともチェックできる
・それを繰り返していくうちに、前にひいたアンダーラインに出会い、
「あの問題ともつながっているんだ」「忘れていた、覚えなおさなきゃ」などまたつながる

理解が深まった上に、頭の中で整理しながら覚えられました。
バラバラに覚えるより効率がよくなりました。

そして、参考書に線を引いたり書き込んだりすることで、参考書が大学受験の時にまとめたノートよりすばらしい、「自分流ノート」にそして「見るたびにわかりやすい参考書」になりました。
自分でノートまとめしていたことがバカらしくなりました。
ノートまとめなんてしなくても、手元の参考書に上手にまとめてあったのですから。

illust7◎成功につながった勉強方法3
学習したことはすぐに暗記を始めました。
机上でじっくり暗記する時間はありません。
机上では、机上でしかできない問題解く→参考書で理解・整理する→単語帳作成
をし、暗記は単語帳に書いたものを常に持っておき、バスの中、トイレの中、赤信号の待ち時間、授乳中など・・・すきまタイムに覚えました。

すると、机上でじっくり暗記するより、時間がないときに暗記する方が 集中してパッと暗記できることがわかりました。

そしてその単語帳にはごろ合わせを書きこんだりしました。
家族や友人の名前を使って適当に作ったゴロ合わせは、
息抜きにもなり、変な絵を書きこむことでスッと覚えられたりもしました。

◎成功につながった勉強方法4
また、問題は一問ずつ違う科目の問題を解くようにしました。
問題一問の中にいろいろな知識がつまっています。
問題一問勉強するのに、わりと時間がかかるものです。
なので、同じ科目の問題を続けてやると飽きます。
問題一問ごとに科目を変えてやることで、新鮮な気持ちで 問題を解くことができましたし、1科目に偏ることなく勉強できました。
また、このときに発見したのが「科目同士のつながり」です。つながりを発見するたびに大きな喜びを得ることができました。

こうして、参考書を勉強→問題で力試し→暗記は試験直前
という大学受験の時の勉強スタイルから、

問題を解いてみる→参考書で理解・関連場所をチェック→隙間時間で暗記
という勉強スタイルに見直した私。

管理栄養士に8割正解という高得点で見事一発合格でき、
その後、フルタイムで働きながら、家事子育てもこなしながら
保育士試験やWebデザイナー資格も取得できたのです。

この勉強スタイルは管理栄養士国家試験の勉強に限ったことではなく、すべての勉強に使えるといえます。

管理栄養士のみなさんからこの勉強方法が日本中・世界中に広がり、“「勉強は楽しい」が当たり前の世の中“になることをミッションとしています!

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。
あなたをずっと応援し続けます!

一般社団法人管理栄養士地位向上協会代表理事・長井彩子

おまけのプチ失敗談

私は管理栄養士資格を取得後、保育士試験も取得しました。
管理栄養士国家試験の勉強で「わくわく勉強方法」が分かった私は、全受験生に対する最終合格率は20%にも満たない試験にもかかわらず、「保育士国家試験なんて楽勝!」と思っていました。保育士試験の10科目すべて、たった3か月の勉強で1発合格を目指しました。その3カ月のうち、当然、子どもが風邪をひく日もあり、自分が疲れて勉強できない日もありました。

結果は・・・・

9科目合格、1科目不合格(1点不足)。

勉強方法はバッチリだったはず、何が悪かったのでしょう?
それは、私が「わくわく勉強方法」=「魔法の勉強方法」と勘違いしてしまったことにありました。
「わくわく勉強方法」は、「上手に努力する方法」であり、「努力なしで超短時間でうまくいく方法」ではなかったのです。

次の年、落とした1科目と実技試験に無事合格。保育士資格を取得しました
保育士国家試験合格の経験でも学ぶことがたくさんあったのです。
会員専用ページ》

会員登録はこちら≫

メルアド:
姓: 名:

※メールアドレスの許可設定をお願いします。詳しくはこちら≫

毎日1問、メルマガで勉強しましょう! 勉強方法やメンタルのサポートも致します。(会員数2421人)バックナンバー