管理栄養士のためのfunstudy circle


管理栄養士のためのfunstudy circle(ファンスタディサークル)は、管理栄養士の方に【勉強になったな、楽しかったなという瞬間をもっと得てもらいたい】という考えです。
それがファンスタディ発信のものを常に待つというのではなく、少しでも発信者になってもらい、発信したことが役立ったという事の喜びも感じてもらいたいと思うのです。
【発信】というと重荷に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、本当、雑談をしている中でもへぇ~そうなんだ知らなかったありがとう!という瞬間がありますよね。
あのような小さなものでOKだと考えています。
皆さんからもこんな感じでやってみたい!という声をいただき、ともに創造したいと思っています。
形は勉強会に限らず、趣味的なものでも広がればと考えています^^

※有料会員様(月々1000円)で管理栄養士の方は、funstudy circleにご参加いただけます。これ以外にも多数特典を準備していますのでぜひ一緒に知識維持しましょう!
会員登録についてはこちら
参加方法
管理栄養士さん専用メルマガ「ファンスタディを広め隊メルマガ」にてzoomのIDをお知らせしています。
メルマガは、管理栄養士に合格した後の知識維持こそ大事だという考えで、”「ファン(FUN)」なスタディを、一緒に広めたい!”という想いも込めたものです。
>>このメルマガは、こちらからご購読いただけます。※管理栄養士さん限定です。
雑談の例
近所の有名な、すご腕の管理栄養士さんに話を聴いてきました!
どう凄いのかというと、その病院内の他の職種の人にその管理栄養士さんの名前を出すと「すごい!」と必ず返ってくるくらいの方です。
イメージでいうと、NHKや情熱大陸に出て居そうな感じの方です。
NSTの立ち上げや、他職種の方への勉強会なども積極的にされている方で、他職種の方からの信頼と尊敬も厚い方です。
具体的にどんなお話をお聞かせいただいたのかというと、

・12年前、NSTを立ち上げようと思った理由と方法
・術後早期回復プログラムの(ERAS:イーラス)の導入から問題点の浮上、そして解決まで
・ERASのような情報収集は、どのようにされているのか
・他職種の方に対して、いつ、どのように勉強会をされているのか
・栄養指導は、どうされているのか?うまくいくポイント
・栄養指導を後輩に教えるには、どのような方法を取っているのか
・「それは管理栄養士の仕事の範囲!?」職域を越える働きっぷり、そこまでする理由
・新人管理栄養士に求めること(入社前に、これは勉強しておいてほしい!)
・他職種の方に求められていると感じること
・そのバイタリティーの裏側にある、ポリシーとは

イメージでいうと、この方1人雇うことにより2人分くらいの仕事をされているだろうと思えるほどでした。
みなさん、この方のこと、聞いてみたいと思いませんか?
このような日々の情報交換を雑談を踏まえて行う勉強会や、勉強会に限らずなんでもOK!
みんなで創りあげる、【管理栄養士のためのfunstudy circle】一緒に楽しみましょう♪
メルマガの配信例

女子マネジャー死亡、「呼吸」誤解? AED使ってれば
http://digital.asahi.com/articles/ASK8G31QDK8GUOHB001.html?_requesturl=articles/ASK8G31QDK8GUOHB001.html
今日は、この記事から学びたいと思います。
以下、一部引用して紹介します↓


新潟県の加茂暁星高校の野球部でマネジャーをしていた女子生徒(16)が練習直後に倒れ、今月5日に死亡した。
家族によると、生徒は倒れた時に心室細動を発症していた。
自動体外式除細動器(AED)を使えば、救える可能性がある症状だ。
AEDの設置が広がっても突然死が後を絶たない背景には、AEDの性能についての理解が深まっていないことや、卒倒などの場面に遭遇すると、落ち着いて使いこなせない実態がある。


頻脈を表す不整脈には、
・心室頻拍
・心室細動
・心房細動
があり、つなげて学ぼう3P78に載っています。
このうち、心室細動にAEDを使うということは、国家試験でも出題されています。

詳しく基礎を学び直したい方は、テキストをみてほしいのですが、
心室細動による大多数の死亡は発症後24時間以内に生じ、過半数は発症後1時間に生じているのです。
したがって急性心筋梗塞が疑われる患者は自動体外式除細動器(AED)を用いた早急な処置が必要となるのです。

この事故により、見直さないといけないのは、
AEDが設置されていても、AEDに対する認知度が低い、つまり使える状態の人が少ないということです。
AEDの使い方について、これを機会に詳しく見ておきましょう!
http://aed.jaam.jp/about_aed.html
アナウンスとして流れてくれるので、慌てていて読むことが難しい状態でも安心です。

最後に上記サイトからの引用です。
・突然倒れてから電気ショックが1分遅れるごとに救命率は約10%ずつ下がっていきます
・一般市民がAEDを使用することで、救命率が約2倍高まります
「知っている」ことで救える命がある。
行動や判断につながる学びの大切さを感じました。
これからも使命感を持ち皆さんに発信していきます!!


勉強の楽しさを伝えることを使命に思っていますが、
【学びで救える命がある】
新たに使命感を感じたので、今日内容を紹介させていただきました。
Zoomの使い方についての詳細
>>パソコンからアクセスする場合の説明ページは、こちら
※メルマガにてお送りしたルームURLをクリックするとインストーラーが自動的にダウンロードされ、それをクリックすると自動的に繋がります。何も始まらないときは、「downloard & run zoom」をクリックしてください。

>>iPad or iPhone、その他、スマホからアクセスする場合の説明ページは、こちら
※iPhoneやiPadからの場合は、事前に「Zoom Cloud Meeting」というアプリをダウンロードして下さい。「Meetingに参加」をクリックすると、Meeting IDの入力を求められますので、メルマガでお伝えしたIDを入力してください。
※zoomの使い方が分からなくて困っている方は、操作をサポートします。
こちらに電話をお願いします→ 0120-515-766(来い合格、なろー!)管理栄養士♪
会員専用ページ》

会員登録はこちら≫

メルアド:
姓: 名:

※メールアドレスの許可設定をお願いします。詳しくはこちら≫

毎日1問、メルマガで勉強しましょう! 勉強方法やメンタルのサポートも致します。