2017年 9月 13日

ジンモ先生の人体模型セミナー

カテゴリー お知らせ

【開催決定!】ジンモ先生の人体模型セミナー
■東京会場:平成29年10月21日(土)(17:00~20:00)
お申込みはこちら
■横浜会場:平成29年11月11日(土)(13:00~16:00)
お申込みはこちら
■大阪会場:平成29年11月18日(土)(17:00~20:00)
お申込みはこちら

□ジンモ先生の人体模型セミナーとは?
消化管、心臓、肺、腎臓、生殖器・・・
すべての臓器は、つながりがあり、役割がある。
それを把握することで、病気の症状や治療法もすんなりと見えてくるのです!
見て、さわって、感じながら学ぶ!折り畳み式ジンモセミナー専用テキスト付きのセミナーです!

どんなことを学ぶ!?
動画でご覧下さい


例えば、この肝臓を裏返した画像をご覧ください。
問題!門脈は、どれでしょう!?
※画像:大阪人材模型センター(http://www.human-model.com/)

多くの方の場合、青の太い血管を指して「門脈」と答えました。
ですが、正解は、その太い血管の下にある、紫色の血管が、門脈です。

門脈とは、私たち栄養士・管理栄養士にとってよく聴く言葉だと思います。
なぜなら、食べて、小腸で吸収された栄養素が血液中に入り、門脈に入るからです。

肝臓には、血液の入口が2つあるのです。
1つは、栄養素に富んだ静脈血が門脈から入ってきます。
もう1つは、酸素に富んだ動脈血が冠動脈から入ってきます。
この2本の血管は画像での太い青の血管、下大静脈から心臓へと導かれます。

今のこの話だけで、小腸→肝臓→心臓とつながりました。
私たちは、日々人体模型で学ぶのではなく、紙や映像で学んでいるので、臓器のつながりを見てさわって学ぶことはありません。
ですが、それを可能にするのが、このジンモ先生の人体模型セミナーなのです!

時間割は、次のとおりです↓
1限目
ジンモ解体ショー(見て触って臓器の位置関係や名称、形、仕事を学ぶ)

2限目
ジンモお散歩タイム(酸素、栄養素、情報伝達物質など、ジンモを巡り学ぶ)

3限目
ジンモクイズ(国家試験で出題されたことから応用まで)

あまりお席がありませんので、お早目にお申込みくださいm(__)m
■東京会場:平成29年10月21日(土)(17:00~20:00)
お申込みはこちら
■横浜会場:平成29年11月11日(土)(13:00~16:00)
お申込みはこちら
■大阪会場:平成29年11月18日(土)(17:00~20:00)
お申込みはこちら