2018年 10月 17日

食べ物と健康が苦手!という方におススメしたいこと3つ

●食べ物と健康が苦手!という方におススメしたいことがあります。

まずは!
1.苦手な科目判定をしない
食べ物と健康は、知らないと解けない(考えて解けない)という問題が多いです。
そのため、過去問にこれまで出ていない新出の選択肢が出た時には、
他の選択肢を考えての消去法で解くしかありません。
なので、点数配分としては低い方が多いのです。

苦手な科目であるという判定をすると、勉強に偏りが生じてしまいます。
まずは科目の性質を理解しておきましょう。

 

2.その上でできる対策は?
何といっても過去問に出たことは確実に解けるように頭に入れておくことです。
ファンスタディの過去問は、10年分を提供しています。
市販の過去問題集の多くは、5年分ですが、食べ物と健康対策をしたいという方で、ファンスタディの教材を使われていない方は、
中古の過去問題集を手に入れて食べ物と健康の部分を解くのも良いかと思います。
ただし、中古の過去問題集は情報改変がされていないので、古い情報に基づいているという点はご注意ください。

 

3.ファンスタディでのお勧め教材はある?
第21回改変模試

ファンスタディ模試

これらは、過去問の改変、または過去問を基にした模試です。
これらに出ている部分はしっかりと自分のものにしていく!
食べ物と健康に限っていませんが、お勧めです^^

また、食べ物と健康のうち、苦手な方が多く、なおかつ得点源となりやすい分野をセミナー5.6.7.10にて扱っています。

これらは会員ではなくてもご利用頂けるものになっておりますので、お気軽にご利用ください^^