2016年6月

2016年 6月 21日

「超ーーーーつまんねぇ!!!」

 

以前ファンスタディのセミナーを受けられ、

今度は別の会社のセミナーを受けられた方から、

パワフルなメッセージをいただいたので、

紹介させていただきます(笑)↓

 


今日、初回の授業でした。感想は・・・・・

超ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーつまんねぇ!!!!!!!!!です。

(口が悪くてすみません・・・)あぁぁぁぁぁぁ・・・

ファンスタのセミナー楽しかったなぁ・・・

彩子チルドレンだったのになぁ・・・・

なんて授業中に考える始末です(-_-)

 

ファンスの心地よさ?手厚さ?を味わってしまっているので・・・

むむっ!むむむむむっ・・・・???という感じでした。

 


正直今日の授業は、がっかりでした。

これがあと20回以上続くのか・・・?と思うと、はぁぁぁ・・・・・ですね。

本当に、ファンスタのセミナーが分かりやすかったし楽しすぎたってことですね(/ω\)

まとまりがない文で、お姉ちゃんにする愚痴?みたいに馴れ馴れしくてすみません・・・


こうしてメッセージをいただける事が、本当に喜びです!

この妹(彩子チルドレンちゃん)には、

根っコースと代謝マップ体感セミナー&代謝マップに学ぶ病気をファンスタディでご利用いただき、

土台をしっかりと固めて

その教材を活用されてみることをお勧めしました。

 

やっぱりどんなに頑張ろうとも、

教材が伴っていなければ、分からないものは分からない、

つながらないものは、つながらない
となってしまうと思います。

 

ですが、その教材が本当に良いものなのか?

実際に使ってみないと分からない。

 

だから、土台構築のための、根っコース!

構築したのです♪

tunacake

https://eiyousi.net/special/

次は、根っコースで苦手克服について♪

 

160607024.jpg

↑合格して、遊ぼう!

 

2016年 6月 21日

「教えるポジションゲット♪勉強効果最大限!」

 

セミナー開始まで、あと1ヶ月を切りました!

今年度のセミナーの日程をご確認くださいね↓

https://eiyousi.net/?p=10964

トップバッターは、

7月16日代謝マップ体感セミナー40名限定(東京都・秋葉原)

7月17日代謝マップから学ぶ病気40名限定(東京都・秋葉原)

↑管理栄養士に合格された方からもお申込みをいただいており、

既に半分以上席は埋まり、残席わずかとなっています!

11/30

セミナーについて、たくさんの質問をいただいています。

今日回答させていただくご質問は、こちら!

 

Q.勉強会に参加してみたい、その一歩になるでしょうか?

 

A.はい!セミナー後は、勉強会が開催されており、

セミナーに参加→その後の勉強会にも参加と、

セミナー後の勉強会は、初めての方でもスムーズに参加することができます!

 

せっかくファンスタディで勉強をされるなら、

管理栄養士に合格した後も、ともに成長できる仲間を得てほしい!

そう思いますが、

まずは目先の合格に向けた、勉強会の効果について説明します♪

 

勉強会では、自分専用問題の暗記をお勧めしています。

セミナーでも、問題を解いて暗記タイムは、あります。

 

勉強会で暗記をお勧めしているのは、

問題を出す側も答える側も暗記になるからです!

 

いつも眠くなる暗記時間も、

勉強会で勉強すると眠くならない!

その時話すことで、忘れない!

そんな声を聞いています。

 

また、どちらかが分からない時は、

勉強会に参加された方同士で

教え合ったりされています。

 

教える=最大の勉強です!

 

勉強会では、

「アンバサダーの方に教えてもらおう」

「優秀なあの人に教えてもらおう」

「喝、入れてもらおう」

 

そんな受け身大勢ではなく、

「アンバサダーの人にも教える気持ちで挑む!」

「教えるポジションゲット♪勉強効果最大限!」

「喝、入れたろか~!」

 

そのくらいの勢いで参加されてみてくださいね♪

 

それでは次回から、

代謝マップ体感セミナーの予習に入ります!

 

 

2016年 6月 21日

「「求める人」ではなく「与える人」になる!」

 

NSTに従事したい、でもなかなか転職がスムーズに行かない。

そんなジジさんについて、「おしえるをおしえる」の面談をさせていただきました。

教えるを教える295px.png
https://eiyousi.net/?p=11165

 

行きたい場所があっても、経験や年齢など、そこの条件を自分が満たすことができないのであれば、

それは仕方ないと割り切る必要があると思います。 

(ジジさんの場合は、まだ諦めるには早い状態ですが) 

 

ですが、目標はNSTに従事する事で、そこに行くことではないので、目標自体は変わらない! 

 

私がジジさんの立場なら、NSTを、スタートしたいけどスタートできていない病院で、その病院のNSTを創りあげる部分に目を付けます。 

 

「おしえるをおしえる」が役に立つと思われたのは、そのような病院を見つけた時 

「何か情報は無いか」「人脈は無いか」そう聞かれたときに、 

返すものを自分の中で創っておくことです。 

 

例えば面接で「NSTスタートさせたいんだけど、何か情報は無い?人脈は無い?」と聞かれ 

「僕も経験を積みたいと思っているところです。」と返すだけでは、相手に与えるものがありません。 

ですが、 

 

「NSTには興味があり、自分なりの授業を創って教室をやったりしているんですよ、 

なぜNSTに魅了されたのか、なぜNSTが必要なのかなど、自分なりの視点も加えて」 

 

そう返すことで、「じゃあその授業の内容を知りたい」と言われれば具体的にその病院に対して与えるものがありますし、そう言われなかったとしても、ジジさんは 

 

「求める人」ではなく「与える人」になれます。 

 

「おしえるをおしえる」は、巷には無い「アウトプットを学ぶ」さらに「アウトプットするものをつくるところから学ぶ」場なので、 

「求める人」から「与える人」に変わる場と言えると思います。 

 

勉強会で「教える人が結局は一番勉強になる」を体感されたように、 

「おしえるをおしえる」では、普通のインプットセミナーを越えたものを得られるのではと考えています^^ 

 

これについては、祐子先生からもコメントがあったり、盛り上がりました!

ぜひ、トピを覗いてみてくださいね^^

http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=4563712&id=78048662&comment_count=777

 

1455489949_206.jpg