2018年 6月 04日

6月スタートの場合の計画例を紹介!

 

今夜も!6月スタートWEBセミナー(3日間無料体験付き)を開催します!
今からのお申込み大歓迎^^
https://eiyousi.net/websemi/
201806スタートダッシュバナー用.jpg

 

6月になると、いろんなパターンの方が参加されるようになりました。
・まだ本格的にスタートできずにいる方
・独学でスタートしていたけど、不安を感じる方
・再来年の合格に向けて勉強をスタートしたい方
など、多岐にわたります。

 

6月スタートは、ある程度の余裕を持って第33回合格に向けて勉強をする最後のチャンスだと言えます。
それは、ファンスタディを受講される方のほとんどが時間に余裕が無い状態の方だからです。
6月スタートの場合の計画例としては、以下の通りです。
【1日11問ペースで11月末に過去問10年分終了・12・1月に模試、2月に自分専用問題の書き込みで合格】
これは、わくわく勉強法で迷いなく勉強をした場合の話になります。

 

勉強法が固まっていないとなぜダメなのでしょうか?
それは、勉強時間が勉強のための時間ではなく、勉強法に迷っている時間になるからです。
勉強法に迷っている時間は、勉強をした時間には含まれません。
なのですが、傍から見れば勉強をしているように見えますし、本人も勉強をした錯覚に陥ることは多いです。

 

ちなみに、ファンスタディの場合は「前に進む=復習」になるシステムをとっているので、復習が不要です。
進めた部分を復習し、分からなかったところがあるから最初からして・・・
これで進まないというジレンマに陥るパターンもよくあります。
これは合格を阻む大きな理由となるため、「前に進めない症候群」というファンスタ病名が付いています・・・!
このような部分は、なんとしてでも6月の今!修正したいところです。

 

まずは勉強法と計画の立て方を固めませんか?
家でスマホでスッピンで参加できるから、今からのご参加も大歓迎♪
ぜひお気軽にお申込みください^^
https://eiyousi.net/websemi/

 

ちなみに、このスタートセミナーは、私の失敗体験がきっかけで開催するようになったものです。
長井の苦い失敗体験、よろしければご覧くださいね^^♪
https://eiyousi.net/experience/
bannerSideStory3.jpg