わくわく勉強法とは!?

2018年 7月 24日

テキスト&中間テスト公開のお知らせ

 

7/23(月)つなげて学ぼう5が公開され、つなげて学ぼう4の中間テストも発表されました^^
テキストの公開ペースについては、会員専用ページにてご確認ください。

 

●中間テストとは?
ファンスタディのテキストは、つなげて学ぼう1~6までの6つに分かれており、順番に進めることで全科目を効率よく学ぶことができます。
この中間テストでは、そのテキストを「理解しながら進めることができているか」確認することができます。
国家試験で出題された問題の中から、特に基礎となる部分に絞り作成しました。
応用的な問題や新しい問題に対応するためにも、まずは基礎の構築が大切です。
中間テストをご利用いただくことで、基礎的な理解度の確認と、苦手部分の把握をすることができます。
https://eiyousi.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2223945&csid=0

 

つなげて学ぼう1のテストは300円です。
まずはお試しいただくと良いです^^
張りを持って勉強することにご活用ください♪

 

また、中間テストの点数は、受験生同士で発表しあっています^^
コミュニティのこちらのリンクにぜひご投稿ください♪
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=4563712&id=79207114
まずは見てみるだけでも良いですが、発表すると断然効果的です!

 

テストの点数を隠すのは、学生時代までで終わりです。
大人の私たちには、そんなことするより、どんなことも自分を伸ばすために活用すべきです!
だってそんなに時間の余裕はないですもの♪
管理栄養士のすあまさんもエールをくださいました^^

[点]が出る

[結果]の見える化

[のびしろ]の見える化=成長期まっしぐら!やっぱり楽しい感じ♪

結構取れてるし、のびしろ十分!
期待が持てるねぇ。今日もがんばろう!ってここに書くたびに思ってました。「どうしよう」というよりも、「どうにかする」と思うことにすると、元気が出ます。次!いってみよう!

 

さあ!合格するための行動です!

2018年 6月 04日

6月スタートの場合の計画例を紹介!

 

今夜も!6月スタートWEBセミナー(3日間無料体験付き)を開催します!
今からのお申込み大歓迎^^
https://eiyousi.net/websemi/
201806スタートダッシュバナー用.jpg

 

6月になると、いろんなパターンの方が参加されるようになりました。
・まだ本格的にスタートできずにいる方
・独学でスタートしていたけど、不安を感じる方
・再来年の合格に向けて勉強をスタートしたい方
など、多岐にわたります。

 

6月スタートは、ある程度の余裕を持って第33回合格に向けて勉強をする最後のチャンスだと言えます。
それは、ファンスタディを受講される方のほとんどが時間に余裕が無い状態の方だからです。
6月スタートの場合の計画例としては、以下の通りです。
【1日11問ペースで11月末に過去問10年分終了・12・1月に模試、2月に自分専用問題の書き込みで合格】
これは、わくわく勉強法で迷いなく勉強をした場合の話になります。

 

勉強法が固まっていないとなぜダメなのでしょうか?
それは、勉強時間が勉強のための時間ではなく、勉強法に迷っている時間になるからです。
勉強法に迷っている時間は、勉強をした時間には含まれません。
なのですが、傍から見れば勉強をしているように見えますし、本人も勉強をした錯覚に陥ることは多いです。

 

ちなみに、ファンスタディの場合は「前に進む=復習」になるシステムをとっているので、復習が不要です。
進めた部分を復習し、分からなかったところがあるから最初からして・・・
これで進まないというジレンマに陥るパターンもよくあります。
これは合格を阻む大きな理由となるため、「前に進めない症候群」というファンスタ病名が付いています・・・!
このような部分は、なんとしてでも6月の今!修正したいところです。

 

まずは勉強法と計画の立て方を固めませんか?
家でスマホでスッピンで参加できるから、今からのご参加も大歓迎♪
ぜひお気軽にお申込みください^^
https://eiyousi.net/websemi/

 

ちなみに、このスタートセミナーは、私の失敗体験がきっかけで開催するようになったものです。
長井の苦い失敗体験、よろしければご覧くださいね^^♪
https://eiyousi.net/experience/
bannerSideStory3.jpg

 

2018年 5月 09日

合否の分かれ道:過去問を何度も解け!に、疑問を持てるか

「過去問を何度も解け!」
代表的な勉強方法ですよね。
ですがこれを聞いて疑問を持てるか、そのまま受け身になるか
このような点は合否を分ける瞬間にもなると思います。

 

受け身になる・疑問を持てる。
どちらを選ぶのかにより、次の頭の中がこんな感じで変化するはずです。

 

・受け身になった場合
「何回解けばいいですか!?」
「5回じゃ、足りないかな・・・」

 

・疑問を持てる場合
「過去問から国家試験が出題されるからそう言っているんだな」
「でも、ただ何度も過去問を解くだけだと、答えを覚えてしまわないか?」

 

もちろん「疑問を持てる場合」が合格という結果につながります!

 

ファンスタディとしては、「過去問を何度も解け!」には、「なぜそう言うのか」という点では共感です。
実際、過去問がきちんと出来るようになれば、合格できます。

 

ですがただ過去問を何度も解いていては、答えを覚えてしまいます。
国家試験の問題は、過去問の問題がそっくりそのまま出るわけではない、
形を変えて同じ範囲を問う形で出題されるので、
何度も過去問を解いて高得点を取れるようになったからと言って受かるものではありません。
よって、方法としてただ過去問を何度も解くことから、合格に導くのは、受験生自身のスキルが高くないと難しいと思っています。

 

だから、ファンスタディの「わくわく勉強法」では、
過去問を一度「自分専用問題」など形に変えた上で何度も過去問を解くという方法を取ります。
詳しくは、わくわく勉強法をご覧ください。
https://eiyousi.net/howtostudy/

 

わくわく勉強法は、実際に体感して頂く方がより使えるようになります。
スタートWEBセミナーで、わくわく勉強法について伝えます!
自分自身の勉強法に迷いのある方は、ぜひご参加ください^^
https://eiyousi.net/websemi/

 

Next »