メルマガでお勉強♪

2019年 4月 17日

会員メルマガにて、新しく管理栄養士国家試験出題基準(ガイドライン)に追加された言葉の解説を行います!

カテゴリー メルマガでお勉強♪

★4/23(火)からの会員メルマガにて、新しく管理栄養士国家試験出題基準(ガイドライン)に追加された言葉の解説を行います!
第34回管理栄養士国家試験は、4年に1度のガイドライン改正の年です。
つまり、来年の受験生は、新しいガイドラインに従った試験になるということです。
大きな変更点は、応用力試験が20問から30問に変更されることですが、
細かい変更点としては、以下のような新しい項目の追加などが見られます。
・社会的公正と健康格差の是正
・建築物衛生
・利益相反
・受動喫煙防止
・歯と全身の健康
・がん登録、がんと就労
・難病
・地方自治法
・他職種の役割と連携
・保険者の役割とデータヘルス計画
・自然災害
・児童虐待防止
・メンタルヘルス対策、過労死対策
・持続可能な開発目標(SDGs)
・ユニバーサル・ヘルス・カバレジ(UHC)
・保健機能食品の成分と機能
・食品の規格基準
・表示;識別表示、識別マーク
・ヘルスリテラシー
・手段的日常生活動作(IADL)
・認知行動療法
・ナッジ
・動機付け面接
・在宅ケアと施設連携
・地域診断
・量的調査と質的調査の意義
・日本人の長寿を支える「健康な食事」
・献立の役割、機能
・食事環境と設備
・衛生教育;一般衛生管理プログラム

 

これらのキーワードの解説を、4/23(火)からの会員メルマガにて実施します!
ファンスタディの会費は、月1,000円♪
会員登録により、1回2000円のWEB授業を無料参加できたり、過去の録画授業を観れたり、先生に質問できたりなど、特典盛りだくさんです^^
ファンスタディで勉強される受験生・管理栄養士さん絶賛募集中です^^
詳しくはこちら
 

2018年 9月 06日

【メルマガで過去問解説以上コーナー♪】第32回-87

【メルマガで過去問解説以上コーナー♪】
皆さんが分かりにくいと感じた問題において、過去問解説以上に解説をします!

【第32回-87】
日本人の食事摂取基準(2015年版)における、ビタミンの耐容上限量(UL)に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
1.ビタミンAでは、カロテノイドを含む。
2.ビタミンEでは、α-トコフェロール以外のビタミンEを含む。
3.ナイアシンでは、ナイアシン当量としての量で設定されている。
4.ビタミンB6では、食事性ビタミンB6としての量で設定されている。
5.葉酸では、プテロイルモノグルタミン酸としての量で設定されている。

★ポイント1.設問は何を聞いているのかを掴もう!
食事摂取基準における「耐容上限量」は、「栄養素の過剰摂取による健康障害の回避」を目的とする指標です。
各栄養素(ないものもあります)に設定されていますが、値を設定する際の根拠(ルール)は、それぞれ若干違います。問題ではこの違いについて聞いています。

★ポイント2.選択肢は何を聞いているのかを掴もう!
各選択肢を少し言い換えてみると以下の通りです。
1.カロテノイドはプロビタミンAなので、体内でビタミンAになりますが、この量も耐容上限量の設定に使われていますか?→使われていない
2.ビタミンEは、α-トコフェロールの他にも、β.γ.δトコフェロールなどがありますが、この量も耐容上限量の設定に使われていますか?→使われていない
3.推定平均必要量や推奨量は、(食事由来の)ナイアシン当量で数値を決めていますが、耐容上限量も同じですか?→いいえ、サプリなどからのニコチン酸あるいはニコチンアミドの量で決められています
4.推定平均必要量や推奨量は、食事性ビタミンB6量で数値を決めていますが、耐容上限量も同じですか?→いいえ、サプリなどからのピリドキシンの量で決められています
5.推定平均必要量や推奨量もプテロイルモノグルタミン酸量で設定されていますが、耐容上限量も同じですか?→はい、同じです

★ポイント3.攻略するために必要な知識は?
耐容上限量の意味の理解と同様に、
カロテノイドがプロビタミンAであることや、
各ビタミンの化合物名(トコフェロール、ニコチン酸、ピリドキシン、プテロイルモノグルタミン酸など)を一致させておくことも大切な部分です(^^

 

何を聞いているのか、分かっていないまま過去問解説と格闘しても、戦いは終わらない・・・
心あたりのある方もいらっしゃるのでは?
もちろんファンスタディとしては、解説、テキスト、アニメでそれを意識して教材をつくっていますが、ご本人の意識が大事。
意識をどこに置いたら良い!?
スタートセミナーでぜひ学びに来てください!

2018年 1月 25日

Q.食環境づくりにおける食物へのアクセス面に関する記述である。 人々がどのような食物を求めているか市場調査する。(〇or×)

いきなりですが、問題です!
Q.食環境づくりにおける食物へのアクセス面に関する記述である。
人々がどのような食物を求めているか市場調査する。(〇or×)



この食物へのアクセス、情報へのアクセスの問題が苦手!という声を多く聞きます。
多くの方の場合、食物へのアクセス、情報へのアクセスが食環境づくりだということが抜けています。



食環境づくりとは?
例えばアメリカに住んだら太ったという声を聴いたことはありませんか?
これはまさに、周りに高カロリーのものが増えたという食環境の変化によるもの。
健康な人を増やそうとした時、個人に対して「気を付けて!」という視点も必要ですが、
良い食生活になるように食環境を整えるという視点も重要ですよね。



じゃあ食環境を整えよう!そう考えた時に、どう食環境を整えるのか?
食物へのアクセス、情報へのアクセス。
両方の視点から整える必要があります。
簡単にいうと、
食物へのアクセス:良い食べ物が手に入る環境をつくる
情報へのアクセス:良い情報が手に入る環境をつくる
ということです。



では、上記の問題に戻ります。
「人々がどのような食物を求めているか市場調査する。」
市場調査をすることで、人々がどのような食物を求めているかという情報が手に入るから、情報へのアクセスでは?というご質問をいただきました!
この視点は間違えの視点です。



食物へのアクセス・情報へのアクセスは、「最終的に消費者が受け取るのは」食べ物なのか情報なのかという判断が大切です。
なので、人々が求めている食品を市場調査する→人々のニーズが分かる→それを作って売る→消費者はその食品を得る→食物へのアクセス!となり、答えは〇です。




このような視点が間違えているような場合、自分1人で同じ目線でもう一度学んでも、同じ結果になることが多いです。
このような部分こそ、WEB直前勉強会やDots面談を活用して、目線のズレを治していきたいと思います!

Next »