メルマガバックナンバー

2018年 9月 06日

【メルマガで過去問解説以上コーナー♪】第32回-87

【メルマガで過去問解説以上コーナー♪】
皆さんが分かりにくいと感じた問題において、過去問解説以上に解説をします!

【第32回-87】
日本人の食事摂取基準(2015年版)における、ビタミンの耐容上限量(UL)に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
1.ビタミンAでは、カロテノイドを含む。
2.ビタミンEでは、α-トコフェロール以外のビタミンEを含む。
3.ナイアシンでは、ナイアシン当量としての量で設定されている。
4.ビタミンB6では、食事性ビタミンB6としての量で設定されている。
5.葉酸では、プテロイルモノグルタミン酸としての量で設定されている。

★ポイント1.設問は何を聞いているのかを掴もう!
食事摂取基準における「耐容上限量」は、「栄養素の過剰摂取による健康障害の回避」を目的とする指標です。
各栄養素(ないものもあります)に設定されていますが、値を設定する際の根拠(ルール)は、それぞれ若干違います。問題ではこの違いについて聞いています。

★ポイント2.選択肢は何を聞いているのかを掴もう!
各選択肢を少し言い換えてみると以下の通りです。
1.カロテノイドはプロビタミンAなので、体内でビタミンAになりますが、この量も耐容上限量の設定に使われていますか?→使われていない
2.ビタミンEは、α-トコフェロールの他にも、β.γ.δトコフェロールなどがありますが、この量も耐容上限量の設定に使われていますか?→使われていない
3.推定平均必要量や推奨量は、(食事由来の)ナイアシン当量で数値を決めていますが、耐容上限量も同じですか?→いいえ、サプリなどからのニコチン酸あるいはニコチンアミドの量で決められています
4.推定平均必要量や推奨量は、食事性ビタミンB6量で数値を決めていますが、耐容上限量も同じですか?→いいえ、サプリなどからのピリドキシンの量で決められています
5.推定平均必要量や推奨量もプテロイルモノグルタミン酸量で設定されていますが、耐容上限量も同じですか?→はい、同じです

★ポイント3.攻略するために必要な知識は?
耐容上限量の意味の理解と同様に、
カロテノイドがプロビタミンAであることや、
各ビタミンの化合物名(トコフェロール、ニコチン酸、ピリドキシン、プテロイルモノグルタミン酸など)を一致させておくことも大切な部分です(^^

 

何を聞いているのか、分かっていないまま過去問解説と格闘しても、戦いは終わらない・・・
心あたりのある方もいらっしゃるのでは?
もちろんファンスタディとしては、解説、テキスト、アニメでそれを意識して教材をつくっていますが、ご本人の意識が大事。
意識をどこに置いたら良い!?
スタートセミナーでぜひ学びに来てください!

2018年 9月 04日

変更点:国民健康栄養調査の調査項目及び対象年齢について

●お役立ち勉強情報♪
国民健康栄養調査の調査項目及び対象年齢について
平成28年度より腹囲の対象年齢が6歳以上から20歳以上に変更になりました。
国家試験で出題されたこともある部分なのでチェックです♪

 

★情報が変わった部分って多いですか?
科目に関わらず結構多いです。
ここが変わった部分とまとめてくれているサイトや冊子などは無いので、
教材制作の際は1つ1つ変更は無いか、確認しています。
情報はどんどん変わります。
国家試験の勉強をするにあたり最新の情報で学ぶということは、基本だと考えています。
せっかく勉強をするなら、最新情報を取り入れておきたいですよね♪

 

★情報の変更を気にする前に・・・
情報の変更はもちろん気になりますが、国家試験に出ている定番知識は把握できていますか?
合格の基盤となるのは、家でコツコツと進める勉強です。
セミナーに出るだけ、動画を観るだけで受かった方に出会ったことはありません。
セミナーや動画は、あくまでも自分の勉強を進める上での補助なのです。
・大体どのくらいの勉強時間が合格に必要なのか
・どうやって勉強すればいいのか
など、スタートWEBセミナーで学びませんか?
家でスマホで受講できるので今からのお申込みも大歓迎です^^
ぜひお気軽にお申込みください♪
https://eiyousi.net/websemi/

2018年 7月 20日

受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が7/18に参院本会議で可決、成立しました!

 

受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が7/18に参院本会議で可決、成立しました。
以下の通りに受動喫煙対策が一歩前進します!
・事務所や飲食店など多くの人が使う施設は原則として屋内禁煙
・学校や病院、行政機関は敷地内禁煙

 

ただし、以下のような例外も設けられています。
・事務所は煙が室外に流出しない専用の喫煙室を設ければ、喫煙を認める
・個人や中小企業が経営する既存の飲食店で客席面積が100平方メートル以下の店は「喫煙可能」などの標識を掲げれば、店内でたばこを吸うことができる
この健康増進法に比較すると、東京都の条例の方が厳しい規制を設けています。

 

ちなみに、現行の健康増進法の受動喫煙に関する記載は、以下の通りです。

第二節 受動喫煙の防止
第二十五条 学校、体育館、病院、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店、事務所、官公庁施設、飲食店その他の多数の者が利用する施設を管理する者は、これらを利用する者について、受動喫煙(室内又はこれに準ずる環境において、他人のたばこの煙を吸わされることをいう。)を防止するために必要な措置を講ずるように努めなければならない。

 

要するに努力義務を義務にしましょうとなる、ということですね^^
ちなみに、東京五輪・パラリンピックの直前の2020年4月に全面施行されるので、
第33回国家試験には影響ないので受験生の皆さんはご安心ください^^
(食事摂取基準、ガイドラインなども含め、たくさん変わる前に早く受かっておこう~♪)

 

Next »