活動報告

2020年 10月 04日

12種類のレシピを体験!自然薯料理教室を開催しました♪

2020年10月4日、山口県こども食堂・子どもの居場所ネットワークさんのご依頼をいただき、自然薯料理教室の講師をさせていただきました!

主催:山口県こども食堂・子どもの居場所ネットワーク
協力:NPO法人フードバンク山口
政田自然農園
日時:2020年10月4日(日)10:00~13:00
会場:小郡地域交流センター調理室(山口市小郡下郷609-1)
定員:6団体 各団体3名まで
講師:認定栄養ケア・ステーション ファンスタディ管理栄養士
申込:山口県こども食堂支援センター 080-6338-1187

ファンスタディにご依頼いただくメリットは、「チーム管理栄養士」としての仕事を提供できること。
例えば、今回の自然薯の料理教室の対象者の皆さんは、こども食堂で調理をされている皆さん。
このような調理に慣れている方が対象の場合、1つの料理をみんなで作ってその作り方を丁寧に教えるより、レパートリーが増えることの方がメリットになると考えました。
そこで自然薯をいただいた管理栄養士のメンバーで、14種類のレシピを考案!
レシピ集をつくりました♪


↑自然薯をいただき喜ぶ管理栄養士のみなさん^^

10月4日当日は、6班に分かれ、12レシピをみんなで作成!


出来上がった料理は、少しずつ分けて食べ、自然薯料理のフルコースをいただきました♪

管理栄養士ならではの、栄養素の話も、欠かせません!

ファンスタディに頼んでよかったな♪
そう思ってもらえるしごとを、これからもみんなで創って行きたいと思っています^^


また、この仕事を実体験として一緒にしていただいた管理栄養士の方は、
「料理教室を依頼されたら、出来るよ!」という状態を目指してもらいたいと思っています^^
なので、実施の過程からフィードバックまでを共有します。

仕事からの学びは大きいですね!
ファンスタディでは、これをWorkStudyと呼んでいます。
これからもWorkを通じた学びを提供していきます!

2020年 4月 11日

[NEWS]日本栄養士会のホームページに掲載されました!

カテゴリー お知らせ,活動報告

日本栄養士会では、厚生労働省が推奨する地域包括ケアシステムの拡充に向けて、厚生労働省補助金事業として、管理栄養士・栄養士が主導する健康支援型配食サービス事業に取り組んでいます。
認定栄養ケアステーション ファンスタディでは、モデル事業として参画しました。


このたび、その様子をプロモーションビデオにしていただきました!
日本栄養士会ホームページのトップから、【栄養ケア・ステーションの最前線 #05】をアクセスし、ぜひ動画をご覧ください^^
そして記事を読んでいただき、管理栄養士としての取り組みをぜひ知ってもらいたいです!
詳しくはこちら


この撮影のお声掛けをしてくださった、日本栄養士会 事業2課 清水祥子課長、企画広報室室長の岩楯さん、遠藤尚太郎監督率いる撮影スタッフの皆さま、おいしいお弁当を作ってくださった浜茶屋三貴の木村さんご夫婦、おいしく食べていただいた長門市の皆さま、そして私のおばあちゃん^^(92歳)
ありがとうございました!!


ファンスタディでは、管理栄養士国家試験対策で終わらず、合格後の管理栄養士としての活動を、全国の管理栄養士会員の皆さんと進めることで、より国家試験教材が実践的なものになり、なおかつ合格した後も見据えた学びができる仕組みを取っています!
管理栄養士の団体が行う国家試験対策だからこそ提供できる学びがある!
ぜひファンスタディで一緒に学びませんか?
4月スタート生、大歓迎です!

2020年 1月 31日

co-op山口×管理栄養士

カテゴリー お知らせ,活動報告

1/30(木)co-op山口さんと共同で「地域高齢者等の健康支援を推進する配食事業の栄養管理に関するガイドライン」の普及についてのモデル事業を行いました!
coop山口食事会.pngこの事業は、配食サービスの普及に向け、地域の共食の場で適切な栄養管理に基づく配食サービスを実施・予定している事業者に対して、管理栄養士等の専門職を継続的に供給または参画できるようにするモデル事業を実施し、咀嚼機能等が低下した高齢者等に向けた食事の普及を図るものです。

この事業を行うために企画したのが、配食弁当を食べながら学べる食事会の企画です^^
配食弁当を利用する場合、食材を買ったり、外食したりする機会を奪うことにつながることもあります。
そうならないように、たまにはみんなでワイワイ食べる機会を設けると、逆に配食弁当をきっかけに外に出る機会が増えるということになるので良いと思います!
IMG_0807.png

まずは、腹ごしらえ♪
食べたら食べたお弁当を使って、食事バランスガイドにて勉強をしました。
これで、楽しい食事会での交流にプラスしてて、学びの場にもなります!
食事バランスガイドに、今日食べたお弁当を書く、次に今日食べた朝食を書いて、今日食べる夕食を書きます。
配食弁当が、日頃の食生活の学びになるのであれば、単に食事の準備の負担を減らすものという役割にプラスされる役割となり、配食弁当を頼む理由も増えます。
参加者の皆さんは、頭をひねりながら、自分の食生活について記していきました!

そして、終わった後には、配食事業者の方にアドバイスをしました。
具体的にどんなアドバイスをしたのか。
またファンスタディの会員の皆様にはお伝えしていこうと思います!

山口県でのこの活動事例が、皆さんの地域でも参考になるように、
どんどんアウトプットしていきますので、お楽しみに!!

Next »