高齢者×食について考えました

ヘルシーフード株式会社
株式会社ヘルシーネットワーク 代表取締役の黒田賢さんと、高齢者×食について考えました!

最近高齢者になったときの食のことを考える機会がありました。
次男が修学旅行に行ったときです。
食事は、なんでもいいかな、という風にモチベーションが下がったのです。
これは、次男が巣立った後の食のモチベーション維持についての環境を考えておかなければ!と感じました。

私たちと黒田さんの立場は違いますし、個人の考えとしての違いもある。
その上で、何ができるのか?
語らい合いました!

・食事作るのって技術必要。作るだけでも技術を維持するためには経費いる。安価じゃ無理です。
・お金をかけて治療費を増やすか、治療費を抑えるために栄養にお金をかけるか。どちらの考えに転がれるかで大きく変わる。
・通所利用者の栄養観察して、栄養介入してます。家族の理解とケアマネの理解、連携が必要でした。
・栄養指導にくる女性は、夫に拘束されて、自由に動けないといった悩みをお持ちの方が一定数いらっしゃいますね。指導がてら、愚痴を聴いています。やはり、交流の場は大切ですね。
・高齢者の食について管理栄養士の方々の話や黒田さんの話を聞いてとても勉強になりました!今回参加させて頂いてより管理栄養士になるぞという気持ちになり、勉強のモチベが上がりました。

高齢者の食×試食会×管理栄養士!という提案も!
また交流させてもらえると嬉しいです^^
黒田さんありがとうございました!

WEBセミナー・勉強会

キャンペーン

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 生面談@静岡開催します!

  2. 「管理栄養士 おしごと図鑑」第7巻 marinaさん[2024/7/17(水)21:00-22:00]

  3. オリエンテーション

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP