認定栄養ケア・ステーションファンスタディ

2018(平成31)年、せっかく長門市に住んでいる管理栄養士なのに長門市に貢献できていないと感じることが多くなりました。長門市から全国への発信は出来ている。長門市の人たちにも管理栄養士として貢献したい。そう思い、2019(令和元)年、日本栄養士会の認定を受け、認定栄養ケア・ステーション ファンスタディを設立しました。ファンスタディには全国各地の管理栄養士、栄養士の会員が300名います。チームで仕事をすることを得意としています。

これまでの活動

・厚生労働省から委託を受け栄養ケア活動整備事業での健康支援型配食サービス活動
・毎週月曜日、桑原医院にて外来栄養食事指導
・長門市中央公民館での高齢者向けの塾である長明塾や友愛学級にて講師
・飲食店とコラボした食事付きセミナー
・長門市コンベンション協会と深川養鶏とのコラボした地域活性イベントである「ながと串」
・こども食堂立ち上げトークショー登壇、こども食堂運営者向け料理教室、親子料理教室
・田中歯科職員さんへセミナーにて講師
・Aコープ職員、Aコープ買い物客へ栄養ワンダー
・健康ながと21会議に出席
・地域包括支援センターで講義
・ゆず狩り&ゆず塩づくり体験教室開催
・公民館で健康のつどい開催
・地域包括支援センターで講義

ファンスタディを運営する(一社)管理栄養士地位向上協会は、日本栄養士会において、山口県初の認定栄養ケア・ステーションとして、認定されました!
これから全国の仲間の管理栄養士と、もっと幅広く活動し、皆様にその活動をシェアしたり教材に生かしたりを考えています!

活動事例

日本栄養士会では、厚生労働省が推奨する地域包括ケアシステムの拡充に向けて、厚生労働省補助金事業として、管理栄養士・栄養士が主導する健康支援型配食サービス事業に取り組んでいます。
認定栄養ケアステーション ファンスタディでは、モデル事業として参画しました。

このたび、その様子をプロモーションビデオにしていただきました!
日本栄養士会ホームページのトップから、【栄養ケア・ステーションの最前線 #05】をアクセスし、ぜひ動画をご覧ください^^
そして記事を読んでいただき、管理栄養士としての取り組みをぜひ知ってもらいたいです!

詳しくはこちら

この撮影のお声掛けをしてくださった、日本栄養士会 事業2課 清水祥子課長、企画広報室室長の岩楯さん、遠藤尚太郎監督率いる撮影スタッフの皆さま、おいしいお弁当を作ってくださった浜茶屋三貴の木村さんご夫婦、おいしく食べていただいた長門市の皆さま、そして私のおばあちゃん^^(92歳)
ありがとうございました!!

健康支援型配食サービス普及活動

商品開発

料理教室

セミナー・講話

地域活性化

詳しいお問い合わせ・ご相談はこちら

詳しくはこちら

TOP
TOP