卒業生紹介に展示していただきました

2022年10月、西南女学院大学・100周年記念式典にて、ファンスタディの活動をご紹介いただきました!

この度の活動は、西南女学院大学・地域連携室の「女性活躍ワーキンググループ」によるものです。
女性活躍ワーキンググループは、地域社会における女性の活躍を身近な視点で支援することを目的としています。
その活動の1つとして、西南女学院のOGの皆さまのご活躍の様子を広く社会に紹介する活動があります。
学生・生徒にロールモデルとして紹介するとともに、地域社会においても知っていただきたいとの想いで活動されています。
パネル記事を書きながら、当時のことがなんとも懐かしくなり、たくさん助けてくれた友人と大学教授に連絡!再開も果たしました^^

以下、パネルの内容を転記致します!
これからも感謝の気持ちを大事に歩みます!
素敵な機会をありがとうございました!

学生時代の思い出

大学3年生の秋に妊娠が分かり、妊娠・出産・育児をしながらの大学生活でした。実家の山口県長門市から往復4時間かけて通い続け、卒論も諦める事なく実施し、休学することなく同級生と同じ時期に卒業することが出来ました。管理栄養士国家試験にも卒業後1度の試験で合格をすることが出来ました。これらを成し遂げることが出来たのは、友人、先生、両親のおかげでした。友人には授業に出席できない間の情報を得てもらいました。まだLINEなども無い時代。「あのプリント、彩子の分も取っておいたからね」など、「こうしたら助かる」ということを自ら考えて、アナログでの情報収集と共有は、なかなか出来ることではない、本当にありがたいことだったと振り返ります。また、卒論はまだ赤ちゃんだった長男の唾液を使ってのアミラーゼ活性を調べました。卒論のテーマを自由に決めさせてもらい、自分オリジナルの卒論は楽しく、私の状況を理解し応援してくれた教授には感謝しきれません。

現在のお仕事・活動

2009年に個人事業主として管理栄養士国家試験事業をスタートしました。出版社からの模試制作、セミナー、教材制作などの依頼を受け、存分に鍛えていただきました。そして2015年(一社)管理栄養士地位向上協会を設立しました。管理栄養士に楽しく合格する、そして管理栄養士に合格した後の勉強も楽しく行いつつ、管理栄養士にできることを増やしていく。そんなことを目指すための法人化でした。そして、管理栄養士としての活動をさらに増やすために、2019年、日本栄養士会の認定を受け、認定栄養ケア・ステーション ファンスタディを設立しました。公衆栄養活動などを推進し、現在に至ります。最近では、厚生労働省の栄養ケア活動支援整備事業の採択を受け、健康支援型配食サービスの普及活動を行いました。弊社には全国各地に管理栄養士、栄養士の仲間が300人ちかく在籍し、それぞれの得意分野での学びを共有しあっています。個人の得意が集まり、新たなものを生み出す活動は最高に楽しいです。

学校や現役学生へのメッセージ

学生時代の心は不安定で悩みの連続でした。入学した時の「友人が出来るかなぁ」から始まり、授業の選択、1人暮らしのこと、実習のことなど、1つ1つの決定に対して不安を感じ、それが前面に出ていたような状態でした。友人にも先生たちにもたくさん頼ってきました。だからこそ無事に卒業できたと思っています。
今の学生さん達も同じような部分を持っていらっしゃるかもしれません。友人や先生に悩みや不安を開示するようにしてみてもらいたいです。西南の先生たちは必ず温かく受け止めてくれます。そして後から振り返れば「ちっぽけな悩みだった」と思えますよ。
西南女学院には感謝しかありません。今後も何かお役に立てることがありましたら、全て引き受けますので、お気軽にご連絡ください。

その他のメッセージ

始めて大学に足を運び、坂道を登った時に観た風景が忘れられません。春の温かい風に希望を感じ、私は今からここで勉強するんだ!と、ワクワクしました。これからもたくさんの学生さんに希望を与えてくれる西南女学院を応援しています。

卒業後のロールモデルとして紹介されるような管理栄養士の方が増えることは、管理栄養士の地位向上につながると思います^^

栄養士の方は、まずは管理栄養士になり、説得力のある発言・自分への自信を高めましょう!
1日1問学べる無料メルマガはこちら

管理栄養士の方、学びのスタートは合格後からです!
時事ネタが学べる管理栄養士メルマガはこちら

ファンスタディは仲間を募集しています^^
月々1100円会員登録はこちら

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 子育て中に一度離れた栄養士の仕事。双子を出産し専業主婦で子育てしている中、役場の職員さんから国民健康栄養調査と県民健康栄養調査の調査員に声をかけてもらったことがきっかけで挑戦!5児を育てながらDotsコースで合格!

  2. 模試セミナー2022年度

  3. 12月スタートWEBセミナー

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP